「 ファンタジー系 」一覧

NO IMAGE

ヴァンパイアのロゼッタ、血が苦手で人間の少女と変わらない程度の力しかありません。そんなロゼッタのお屋敷に現れたのは…

テオ  >  ほう、みすぼらしいが旧くて淋しい良い場所ではないか。そこの使用人よ─いや、使用人ではないか?貴様がロゼッタ、か?(屋敷について彼なりに誉めているのだろう、端から見れば言葉の内容は九割程度けなしたようなものである。使用人に案内されたつもりであったが、相手の体からほんの微弱な“同族”...

NO IMAGE

サキュバスが出ると噂のダンジョンに一人で挑むショタ勇者…サキュバスに出会い倒そうとするも襲われて精液を搾り取られる

リリア  >  ほうら、気持ちいいの来たほうがいいよ。おちんちんどうなりそう?(握ったまま手を動きを早めて)  (1:23:47) エル  >  何かくるっ出ちゃうよぉもう我慢できないよぉ...出るっ出るっああぁっ(びゅくん、びゅくんと大量に射精して精通する)  (1:25:36) ...

NO IMAGE

酒場で仲間を募集していたらやってきたのは、レベルが低く女好きでヤリチンの盗賊だった

盗賊 ガンデラ  >  おぉーさすが大戦士様です…でも酔っ払って剣を振り回されると私までなます切りになりそうなので、もう少し飲みませんか?ほら、まだまだ酒もつまみもありますから…(それとはなくアイリーンの変化を見ながらも素知らぬふりで酒を勧め続けて)  (2:08:51) 女戦士 アイリーン...

NO IMAGE

私たち勇者一行はようやく悪の大魔王の元にたどり着いたが大魔王に敗北し肉奴隷調教を受けてしまう

大魔王フィズ > (大魔王のもとへとたどりついた勇者たち。だが圧倒的な実力差と疲労もあって、次々と倒れていくことになって)あっけないものだな…さて、敗れたものがどうなるか…わかっているだろうな?(唯一意識を保っている…あえて攻撃の矛先を向けずにいたフィズへと近づいて行って) (12:24:52...

NO IMAGE

正義のヒーローが女戦闘員、女幹部などに苦しめられながら股間からエネルギーである精液を搾り取られてしまう

光 > っっ!!広範囲系の技は私の1番の天敵なんだよね!(急いで距離をとると竜巻から逃げようとするが巨大な竜巻は執拗に追尾してくる)こんの…!!(このままでは逃げ切れないと判断した光は竜巻攻撃を食らうと同時に自分から勢いよく吹き飛ぶと最小限のダメージに抑える)…はぁはぁ、その技、封じさせてもら...

NO IMAGE

ウルトラレディが戦闘中に卑猥な行為を行われ正義の心の挫かれて犯されてしまう

ウルトラレディスフェール  >  私を呼んでる…!?ちっちゃ…!?あはは…軽く相手をしてさっさと帰って貰おう…シャインさん!テイルさん!光の力お借りさせて頂きます!!(空から聴こえる宇宙人の声に天を見上げてその正体を見るとやれやれって感じに首を振りながらスフェールリングに二枚のカードを読み込...

NO IMAGE

この世界では魔力が強い程にエロい、不老の大魔術師の私はおっぱい大きくてスタイルは良いけど、ドMな癖に口は悪く「うるせぇな、焼き殺す」が口癖…

ベル  >  ははは♪すっごく良い姿ですよ師匠…じゃなかったサラほら、そんなに僕のちんぽが欲しいのなら今度は自分で腰をふれよ、そうすればいっぱい僕の子種がもらえるぞ?(そう言うとちんぽを引き抜きその場へと寝そべって、サラの反応をちんぽをビクンビクンッとさせながら待ち)  (1:19:23) ...

NO IMAGE

魔王を倒すため、勇者様たちと一緒に旅をしている私。ある時、急にもよおしてしまい、1人PTから離れて森の中で用を足していると、魔王の幹部と遭遇してしまって

セリナ  >  あ~漏れる漏れる漏れちゃぅぅ・・・(勇者様と魔王を倒すべく旅をしている私。道中、急にもよおしてしまい、勇者様に断って、茂みの中に入る私)ふぅ・・・まにあったぁ・・・(魔物がうろつくせいで一般人はほぼ街の外を出歩かないのだが、少しだけ周りに気を配った後、スカートの中に手を入れてパ...

NO IMAGE

特別な魔法を使って感度を上げたりされた貴女を好き勝手犯し、挙げ句の果てには現実の姿に戻されて…そんなVRMMO陵辱

リナ  >  あんっあんっ…はぅんっあぁぁぁぁぁんっあっあっあーーーーっ(下からも突き上げられて気持ちよさそうにしているとまた押し倒されて今度はめちゃくちゃに激しくつきこまれてしまう)あっあーーーーっふあぁぁぁんっあっあっいくっいっちゃうっだめだめっあっ中…ふあぁぁぁんっだめぇっ…あっあーーー...

NO IMAGE

様々な種族が共存する異世界の港町。踊り娘として活躍するティアは、その美貌と踊りが見るものを惹きつけて止まないことから魅惑の舞姫と呼ばれていた。そんな港町に訪れた貴方も、例外なく彼女に魅了されてしまい…。

ティア  >  で、でもレインの方がお疲れなのではありませんの?(椅子に腰をかけると、此方の御褒美なんだから…と告げるレインに、首を傾げる。しかし、彼が答えるより早く、受付の可憐なエルフ族の女性が、微笑みながらしてきた提案に男は即決をしたようで) え?あ…ちょっとレイン…!もう…っ(そのまま再...