美人で巨乳、しかも淫乱で変態で男子に人気がある養護教諭の葵

佐伯 良太  >  んおおッ??(さっきより勢い良く噴水のようにザーメンを撒き散らし獣みたいな鳴き声を上げて腰を動かして?)先生ぇッ?もッ?もぉッ?やめッ?気持ち良すぎてッ?んおッ?ひっ♪(ヨダレを垂らして喘いでしまう♪)  (23:58:59)
高村 葵  >  きゃっ…こ~ら、こんなに飛ばしたら勿体ないでしょう…♪?(顔や髪にまで精液が飛んできて、床にも零れる)あ、そうだ♪これなら零れないよね…?はむ、じゅるるるるるるっ♪(良太君の内ももを両手で掴んで広げながらおちんぽにしゃぶりつき、美味しそうに吸い上げる)  (0:00:57)
佐伯 良太  >  先生ぇッ…?待ってッ?まだ…イってるッ…ンンンッ??(先生にチンポを咥えられると快感がまたこみ上げザーメンの勢いは激しくなる?)先生ぇッ…?待ってッ?休ませでッ?(先生の口の中でチンポはビクンビクン跳ね回りながら?)先生ッ?チンポッ?チンポはなしてくらはいッ?僕がッ?先生のこと気持ち良くするからぁッ?またイグッ?イグッ?  (0:04:43)
高村 葵  >  じゅっぷじゅっぷ、ぐぷぐぷぐぷ…どうやって気持ちよくするのかしらぁ?ついこの間まで女の体知らなかったのに…♪(おちんぽから口を離さず、目で見上げながら顔を動かす)  (0:06:50)
佐伯 良太  >  ひっ♪おお…ッ?ま…まずはぁ…ッ?この舌でぇッ…(舌を出してネトネトのヨダレを絡ませて?)高村先生のぉ…色んなとこベロベロしちゃいまひゅう♪ひっ?高村先生の命令されたところどこでもジュルジュルしゅるからぁッ?ちんちんはなひてぇッ?(先生の身体を舐めるのを想像したのかまたザーメンを吹き出して?)  (0:10:25)
高村 葵  >  んんっ…♪ごくっ、ごくっ…♪(口の中にどろっと精液が広がると、夢中で飲みこんで…)ぷはぁっ、ふぅ…♪ほんとぉ?それじゃあここ、舐めてくれる…♪?(良太君の前に足を開いて立ち、黒いパンツを見せながらスカートを捲って内ももを指さす)  (0:14:27)
佐伯 良太  >  ひっ?ハァッ?ハァッ?(チンポをビクンビクンと上下させながらザーメンを垂らして?)わ…わかりまひたぁ…♪(まだ快感で身体をビクつかせながら身体を起こし指示された部分を夢中で舐め回していく?)はむっ♪レロ…?ジュルルッ?レロレロぉ…?(先生のパンティから漂う匂いにチンポはあれだけ出したのにまた硬くなっていく?)  (0:18:24)
高村 葵  >  はぁんっ…あぁっ…ふふっ、その調子…♪(太ももを舐めさせられて興奮してる良太君に、にやっと笑顔を向けて)次はね~…ここ♪(太ももの付け根、パンティーラインのところを指さして)  (0:20:22)
佐伯 良太  >  ハァッ?ジュルルッ?レロ?ちゅるっ?ひゃい…?(目はトロンと蕩けてしまい言われるがままパンティーラインに唇をつけてジュルジュルと音を立てて舐め回しながら早くマンコをしゃぶれと命令されるのを待っている?)ハァッ?ちゅるっ?ジュルルッ?ジュルルッ?  (0:23:35)
高村 葵  >  ふふっ、おまんこ舐めたいんでしょう…♪?まだお預けよっ♪(際どいところを舐めさせ続けながら、微かに腰を揺らして)おまんこしゃぶりたかったら~…そのまま自分でおちんぽシコシコして♪?  (0:24:44)
佐伯 良太  >  へ…?(すぐに命令されると思っていたが自分の思惑とは違って)な…なんで…ジュルルッ…?レロッ…?レロッ…?(マンコにしゃぶりつきたくて自分でチンポを扱き始めるが控えめにシゴいてしまう♪)  (0:27:37)
高村 葵  >  おまんこ簡単にしゃぶれるって思った…?残念♪先生のおまんこは気分やなの…♪(そう言いながらパンツを横にずらし、つるつるの割れ目を晒す)さあ、もっと本気で…いっつも家でしてるみたいにしてごらんなさい♪?  (0:30:40)
佐伯 良太  >  ハァッ?ハァッ?【この匂い頭おかしくなるッ…?】(完全にマンコの匂いにメロメロの良太?命令されるがままに激しくチンポをゴシゴシし始めて?)んっ?んっ?んっ?先生ぇッ?いいですかぁッ??マンコにしゃぶりついていいでひゅかぁッ??(高村先生のマンコに熱い息を吐きかけながら舌を伸ばして?)  (0:33:50)
高村 葵  >  はぁんっ…まだだ~め♪(割れ目を指先で撫でて、その指で良太君の舌を止める。指は愛液でとろとろになってて)  (0:35:01)
佐伯 良太  >  んおッ?(先生の愛液を舌で感じると自分の手コキでザーメンを出してしまう?)ハァッ?先生のッ?マンコ汁でいっちゃったぁ…?(先生の愛液を舐めたくてパンティーラインを舌先で舐めながら?)先生のマンコ…?しゃぶらせてぇ…?お願いしますぅ…?ジュルルッ?  (0:38:04)