恋人同士。布団の中で貴女に腕枕をして、イチャイチャ、ゴロゴロ

高橋 良太  >  寒くない?(腕枕をしたまま、ななを抱き寄せて布団をかけ直す)ななちゃんは寒がりだからなぁ。  (0:03:26)
折原なな  >  うん…良太くんがいればあったかいから大丈夫…(抱きよせられて嬉しくて、良太くんに甘えるようにすり寄る)  (0:05:02)
高橋 良太  >  (腕枕をしているのとは反対の手で頭を撫でるように髪に触れ、優しく微笑む)それなら良かった  (0:08:38)
折原なな  >  (撫でられて嬉しそうに目を細めて、ぴったりと良太くんに寄り添い、ぎゅっと抱きつく)  (0:10:32)
高橋 良太  >  ななちゃん、猫みたい。(寄り添うななを見て、愛おしそうに微笑む。猫の毛並みを撫でるように、ななの頭から毛先までを撫でる)  (0:13:56)
折原なな  >  良太くん…(撫でられると嬉しくて気持ちよくて、目を閉じてまた抱きつく)  (0:15:32)
高橋 良太  >  (目を閉じるななのおでこにそっとキスをする)ななちゃん……好きだよ…  (0:18:05)
折原なな  >  良太くん…私もだよ…(良太くんのほっぺにキスする)  (0:19:34)
高橋 良太  >  ななちゃん…(ななの頬に手を添え、ゆっくりと唇を近付けていく)  (0:21:29)
折原なな  >  ん…(うっすらと目を開いて、潤んだ瞳で良太くんを見つめる)  (0:22:55)
高橋 良太  >  (ゆっくりと、唇が触れるだけのキスをし、ななを抱きしめる)  (0:25:24)
折原なな  >  良太くん…(抱き締められ、そのまま良太くんにぴったりくっついてじっとしている)  (0:26:46)
高橋 良太  >  ……ななちゃん、もう1回…キスしてもいい…?(そう尋ねながらも、唇はゆっくりと近付いていて)  (0:27:55)
折原なな  >  (良太くんを見つめ、頷く)  (0:28:37)
高橋 良太  >  (ななが頷くのを確認すると、再び唇を重ねる。唇が触れるだけのキスを一度、二度…と繰り返し)  (0:29:56)