上司が家に送ってくれることになったが、そのままラブホテルに寄り道して

中田誠也  >  智子・・・ア・ああ・・・いっぱい出たけど・・・次はベッドで・・・智子  (0:41:44)
浅井智子  >  はぁはぁ…はぃ///誠也さん…ベッドでも拓さん愛してください…  (0:42:18)
中田誠也  >  (そのままベッドに抱っこして運ぶと・・そのまま・・正常位で)・・ズブ・・ああああああ・・・智子・・いい  (0:43:54)
中田誠也  >  このベッドでセックスするのは・・初めてなのかい・・智子・・あ・あ・あ・・あ・  (0:44:24)
浅井智子  >  はぁはぁ…(何度も逝ってしまって頭も身体も蕩けて得しまう…抱っこされてベッドに寝かされて正常位で貫かれて…)あぁぁぁっ/// ここでは…初めて…部屋に入ったのも…誠也さんだけ…  (0:46:00)
中田誠也  >  智子・・見えるかい・・智子の・・おまんこ・僕のペニスが貫いてるよ。・・・あ・あ・あ・・ああ・(腰を浮かせ見せるように)・・・・これからも僕だけだよ・・智子  (0:47:35)
中田誠也  >  (ベッドの上で激しく腰を振りあげながら)・・ア・ああ智子智子・・あ・あ・・あ・あいい  (0:51:09)
浅井智子  >  見えます…誠也さんが私の身体を貫いてるのが…あぁぁぁ…奥まで…届いて…凄いです…はい…誠也さんだけ…誠也さんに抱かれてるのが今でも夢見たいです…  (0:51:21)
浅井智子  >  あぁぁぁ!誠也さん・・セイヤさん…好き…愛してます打///  (0:51:55)
中田誠也  >  智子だから・・こんなに・・ア・あ・ビンビンデ・・ずぼずぼ・・ア・あ・あ・智子を・・貫くんだよ・・・あ・あ・・あ  (0:53:00)
中田誠也  >  僕も・・智子を愛してるよ・・・大好きだよ・・だから・・ずっと・・突き刺していたいよ・・あ・あ・あ・あ  (0:53:49)
浅井智子  >  私も・・・誠也さんだから…身体中がこんなに震えて感じるの…ずっと突き刺して…あなたに突き刺されていたい…  (0:54:23)
中田誠也  >  智子・・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・いい・・いい・いい・・あああああああああああああ  (0:55:39)
浅井智子  >  せ・・誠也さん…とても…いい…あぁ・・ぁぁ・・あぁ…また逝っちゃうぅゥゥ  (0:57:49)