高校教師の春奈はクラスの男子生徒と付き合っている…受験も終わって貴方は毎日春奈の家にお泊まり…性欲も強くて嫉妬深く歳下とは思えないほど男らしい貴方

矢吹 春奈  >  (微笑んで見つめながら)ごめんね…校長もいたからみんな…なかなか帰れなくて…  (0:22:19)
矢吹 春奈  >  …涼太…何か食べた?作ろうか?(リビングに入り鞄を置き…コートを脱ぐ)  (0:23:17)
涼太  >  そんなことより…(リビングで春奈さんの後ろから抱きつき)先生が欲しいよ…  (0:24:04)
矢吹 春奈  >  (涼太の腕を握り締め)また…先生って言った…  (0:24:39)
涼太  >  さっきまで先生として楽しんでたんでしょ?(意地悪く聞きながら、服の上からおっぱいを弄り始め)ずっと待ってたんだから…  (0:26:06)
矢吹 春奈  >  …そうだけど…涼太と二人の時ゎ先生じゃない…(後ろの涼太を見つめながら)寂しかったね…ごめん…  (0:27:13)
涼太  >  (見つめ合いキスをすると、春奈さんのを壁に手をつかせ、スカートをめくり)こんなやらしぃパンティ…(言いながらお尻を撫で回す)  (0:28:57)
矢吹 春奈  >  …っ…はぁっ…涼太…(壁に手をつき…涼太を見つめながら)…涼太にしか…見せないょ…  (0:30:04)
涼太  >  …ホント…?(そのままお尻に顔を擦り付け)ん…春奈さんの匂い…(手は春奈さんの内腿を指先で撫で回す)  (0:31:50)
矢吹 春奈  >  …ホント…っぁ…はぁはぁ…シャワー…浴びてないょ…(脚をピクピクさせ)…涼太…春奈…って言ってくれないの?  (0:33:15)
涼太  >  シャワーなんていいよ…この春奈の匂い…好きなんだ…(指は内腿からなぞり上げ、パンティの脇をゆっくりと撫でながら)はぁはぁ…春奈の匂い…やらしぃ…  (0:35:19)
矢吹 春奈  >  …はぁはぁ…っ…ぁぁ…涼太…(お尻がピクピクと震え)…待っててくれて…ありがとう…  (0:36:47)
涼太  >  春奈…もう濡らしちゃってる…(パンティ越しに割れ目に沿って舌を這わせ)いつもよりも匂いも味もやらしくて濃いぃし…  (0:38:09)
矢吹 春奈  >  …んぁぁ…っ…(身体をくねらせながら感じ)はぁはぁ…涼太じゃなきゃ…濡れないの…  (0:39:19)
矢吹 春奈  >  …はぁはぁ…っ…涼太…今日も…泊まってく?…明日は学校…休みだょ…(感じながら愛しく涼太を見つめる)  (0:40:31)