先輩でもある彼氏と同棲中。呑んで帰って来たのでお出迎え。いつもただいまのキスをしてくるので抱きつき背伸びして待っていると先輩が意地悪く

ゆうや  >  ただいま~(職場の上司に誘われ飲んできたゆうや…少し酔っていて足がふらつき)遅くなってごめんな~  (2:42:29)
流唯  >  おかえりなさい!(玄関へ小走りで行き、抱きついてキスを待つ)  (2:44:45)
ゆうや  >  よしよし(優しく頭を撫でながら意地悪な笑顔で流唯を見つめてキスせず抱きつかれたままリビングに向かい)  (2:47:09)
流唯  >  あ……//(されると思って待ってた自分が恥ずかしくなり赤面する)  (2:48:48)
ゆうや  >  どうした?(ニヤニヤしながら抱きついたままの流唯のほっぺをぷにぷにつついて)  (2:50:23)
流唯  >  なんでもない…///(恥ずかしすぎて下を向く)  (2:52:44)
ゆうや  >  ん~本当になんでもないの?(ほっぺをつまみ痛くない程度に引っ張って…一度流唯を下ろしてお姫様抱っこして…)ただいま…チュッ…(ほっぺにキスして)  (2:55:50)
流唯  >  うん、おかえり…//(ふにゃっと笑う)  (2:57:59)
ゆうや  >  (そのままソファーに座り…流唯を足の上に跨がらせて対面座位になり)よしよし、可愛いな  (2:59:55)
流唯  >  可愛くないで?酔いすぎちゃう??(ずれたメガネを直して、ゆうやの顔を見る)  (3:02:15)
ゆうや  >  ん~?そんな事ないよ(背筋をそっとなぞり…顔を近づけて)  (3:03:33)
流唯  >  んっ…////ピクッ(背中を少し反ると顔が近づく。顎を引いて距離をとろうとする)  (3:05:39)
ゆうや  >  ほらもっと顔見せて(顎を優しくくいっと持ち上げて)  (3:06:59)
流唯  >  ……///////(赤面して、困り顔になる)  (3:08:40)
ゆうや  >  (再び顔を近づけて今度こそ唇にキスする…と思わせてそのまま耳元に向かい…)愛してるよ(優しく囁いて)  (3:10:04)