混浴温泉と知らずに入っていたら黒人男性の貴方が入ってきてボディタッチや巨根をアピールされて

南雲 雪風  >  ひぅっんぐっ!んぁはぁっ..おれい..?だめ、ボブさん、こんなおれいはダメぇ..(激しく揉まれてたわわな膨らみが卑猥に歪み浴室に甘い声を響かせ、猛々しい黒人ちんぽが押しあてられ残った理性が必死に拒絶するも雪風の身体はすっかりおちんぽ欲しがってキスと乳房愛撫合わさりボブの手に手が重なり息を飲んで)  (1:47:13)
ボブ・グレシアン  >  そうそうオレイ…雪風良くしてくれた…だからオレイ…おカネないから、せめてボブ身体でガンバる…雪風うれし?(聞きながらも執拗な素股でヌルヌルになったマンコにチンポを擦り付ける…雪風を露天風呂の淵に座らせれば押し倒し覆い被さる…もう完全に正常位のようなポーズ…口は塞がれ、両乳房は好き放題…今にも生本番をされそうな素股…)  (1:50:20)
南雲 雪風  >  っー!//ふぁっ..っひぅ!ぁっ..ボブさんっ..ボブさん、はぁっ..ぅ、んうん..(ボブの身体密着したまま押し倒されむっちり太もも開かされ人妻おまんこは黒人ちんぽのマッサージにすっかり蕩けてしまい、体を貪られ卑猥な誘惑に雪風の理性もとけてしまあ  (1:53:16)
南雲 雪風  >  い結局頷いてボブを受け入れてしまう人妻)  (1:53:37)

ボブ・グレシアン  >  雪風…良いか?ボブのおちんちん、良いか?(聞きながらももはや我慢できないボブはそのままチンポをズブズブと捩じ込んでいく…中を押し広げ、奥に奥に入っていくチンポ…人妻の生オマンコを犯していく…)雪風…入った?ボブのおちんちん入った?奥まで入ってるのワカル?(子宮口を亀頭で擦り上げる…)  (1:57:32)
南雲 雪風  >  ぁっあっ!はぁっあぁっー//やっ、ひぅ!入って..わ、私こんな、こんの知らないです//(ボブの黒人ちんぽが挿入され柔らかそうなのに太くて大きいおちんぽに満たされあっという間に子宮まで支配され、はじめて味わう黒人とのセックスに涙浮かべながら未知の快楽に悶える雪風、清楚で凛とした雰囲気だったのに唇震わせたっぷりと舌の口が極太ちんぽ頬張る姿晒してしまい)  (2:01:19)
ボブ・グレシアン  >  はぁはぁ、雪風っ…ファック最高?良いオレイなってるか?(奥まで入れれば大きく腰を動かし出し入れし始める…入り口から奥まで広がるように出し入れされ、子宮口を叩き上げる…勿論目の前の両乳房は好きに揉みしだき、乳首を摘まみコリコリ弄り責めている…)  (2:07:46)
南雲 雪風  >  はぁっ!ぁんっあっあぁ//いっ、ぅうぅ//動いひゃ、動いたら..あひぅ?ボブさんっあんっあぁっ?(華奢で反比例するように女性らしい肉感的な雪風の身体がボブの腕の中で跳ねて夫のより遥かに雄として優れたおちんぽに掻き回されもう雪風に戸惑う余裕もなく)いっぁあ?気持ちいぃ、気持ちいいのぉ、ボブさんのぉおかしくなっちゃうぅ??(弾む爆乳が弄ばれ濡れた黒髪振り乱し淫らにおねだりしはじめるいんらん人妻)  (2:13:12)