スーパーの店長にレイプされ彼氏が居るのに犯されてることも忘れ快楽に堕ちる

内藤 博久  >  …(ニヤッとして顔を見ながらお尻を揉み上げ指先をワレメに押し付ける)今なんて??  (1:13:17
上田亜弥  >  ……(自分からいった言葉に恥ずかしさを感じた。好きでもない人に…勝手に好きにされて…でも感じてる…)  (1:15:05)
内藤 博久  >  おやおや…(ニヤッとしてショーツの上からクリを小刻みに擦る)濡れてるねぇ…  (1:15:55)
上田亜弥  >  あぁ…ん…(聞こえるか聞こえないかほどの小さな声で…もっと…)  (1:17:08)
内藤 博久  >  彼氏に悪いね…(ニタァと笑いショーツをずらしワレメを拡げクリを小刻みに擦る)  (1:17:49)
上田亜弥  >  (ビクン!!クリ触られ…いやらしい汁がどんどん溢れてくる…)気持ち…いぃで…す  (1:19:45)
内藤 博久  >  そうかそうか…(ニヤッとしてクリを小刻みに擦りながらズボンを脱ぐ)  (1:20:26)
上田亜弥  >  亜弥の目の前に…彼氏より立派な肉棒が…現れる!!それを見ただけで又々亜弥は下半身を疼かせている…  (1:22:27)
内藤 博久  >  使い古したチンコだけどな…(ニヤッとして片足を抱え込みワレメにチンコを擦り付ける)  (1:23:23)
上田亜弥  >  亜弥のおまんこはもうぬるぬるで…この大きい肉棒を今か今かと待ち望んでいる…  (1:25:04)
内藤 博久  >  生でいいねぇ…(ニタァと笑い答えを聞く前にゆっくり先を入れる)  (1:25:37)
上田亜弥  >  あぁ…いっぱい…突いて…(亜弥は自分が犯されていることを忘れて…彼氏とのマンネリエッチでは味わえない快感を楽しんでいる…彼氏に言えなかったセリフ…『突いて…』)  (1:28:27)
内藤 博久  >  おじさんチンコで汚してやる…(耳元で囁きながら根本まで入れてゆっくり突き上げる)  (1:29:23)
上田亜弥  >  あぁ~ん おっきい…ハァハァ 奥まで…いっぱい…ハァハァ  (1:31:05)