幼なじみの2人は同じ高校に通っていて、皆に2人が戦士であるとバレないように、ガイアレンジャーとして戦っている

けい  >  はぁっ!やぁっ!ガイアショット!(難なく戦闘員を倒していき)とっととケリをつけるぜ!(セクシーナに向かおうとすると身体が動かなくなり。この技は前にホワイトが受けた技…)なっ…かっからだが…くっ…  (23:13:15)
みか  >  ちょっと…私の邪魔なんて酷いですよ。クイーン(後ろからクイーンが現れ)ガイアレッドは私の獲物ですよ?あなたの趣味には少し手を焼きますよ…  (23:19:53)
けい  >  おっ、お前は…ぐっああぁっ…(身体が動かないため睨みつけることしか出来ず)  (23:20:55)
みか  >  では勝負しますか?セクシーナ。どちらが先にレッドを惚れされられるか。(そう言うと武装を解き)やっぱり美人が好きだと思いまして…レイとか言う女に擬態して見ましたよ。  (23:28:52)
けい  >  なっ//そんなことあるわけないだろ!(怒りにも似た感情で。しかし身体は動かず)俺は、おまえたちのものじゃない!  (23:32:35)
みか  >  つれない態度も素敵ですわ。(セクシーナも近づき脇腹を撫でるようにさわり)  (23:34:00)
けい  >  くっ、あぁあ…ちっ力が…///(力が抜けていくような感覚になり)  (23:35:22)
みか  >  ちょっと…私が先ですよ…(レイが抱きつくような形で乳首を責めていき)レッドはここが好きですもんね。  (23:38:16)
けい  >  んぁああああ!  (23:56:07)
けい  >  やっ///やめろ///はなせ!///  (23:56:36)
みか  >  嫌ですか?レッド…(クリクリとしていく)クイーン…じゃあ私は…(あそこを撫でて)  (0:04:12)
けい  >  ぐぉああああ!やっ///(身体をビクビクとさせて)いやに…きまってる///  (0:05:38)