家賃の滞納の取立てに来た好色大家に……担保に身体を…求められ……『ヘヘヘッ…いい身体をしてるじゃねぇか……』部屋で…肢体を堪能される

綾瀬愛美  >  ぁ…ちょっと…お、大家さん…何するんですか…ちゃんとお支払いしますから…だ、だめです(太ももを撫でられて拒絶しながら)お金は…ちゃんと  (0:25:35)
山田喜一郎  >  どこにあるんだよ?…ここか?(乳房を鷲掴みに)ヘヘヘッ…柔らけぇなぁ…(背後から揉みしだきながら…耳元を舐める…飛沫音が脳裏に響く…)  (0:27:07)
綾瀬愛美  >  ぁんん…ちょっと…どこ触ってるんですか…ぁぅ…大家さん…や、やめてください…んん、ほんとに(無造作にGカップの胸を揉まれながら)  (0:29:44)
山田喜一郎  >  (緩めのTシャツを…背後から…左右に引き裂く…乾いた音とともに…ボロ布と化す…)こりゃあ堪らないなぁ……(ブラジャーも剥ぎ取り…上半身は剥き出しに…)  (0:32:31)
綾瀬愛美  >  ぁ…乱暴に…しないで…は、払いますから…身体で払いますから…一か月分の家賃…身体で払いますから(もう仕方ないと思い観念したように抵抗をやめて)  (0:33:56)
山田喜一郎  >  ヒヒヒヒッ…そうかい…そうかい♪同意の元ってやつだな…ほら…万歳のように頭の上で手を組んでもらうとするか…  (0:36:05)
綾瀬愛美  >  は、はい…その代わり一か月分の家賃さんてん免除してくださいよ…(破かれたTシャツとブラを脱いで、頭の上で手を組んで胸を張れば、Gカップの胸が前に飛び出すように)  (0:38:49)
山田喜一郎  >  分かってるよ…クククッ…凄い身体だな…(乳房を下品な男に晒す愛美……観賞するように前から…ざらついた手で持ち上げるように乳房を揉む…)  (0:41:17)
綾瀬愛美  >  ん…そ、そんなに…じっと見ないで…ぁ…(夫以外の男性に久しぶりに触れられて、興奮してきてしまい乳首を固く尖らせてしまう)  (0:44:30)
山田喜一郎  >  クククッ…これは…なんだ?(あさましく尖る乳首を指摘しながら…乳輪のポツポツに添うように舌を付ける…ねっとりとした唾液の温かさ…焦らすように乳輪を円を描きます舐め回す山田)  (0:46:38)
綾瀬愛美  >  んん…ぁぅ…んん、そ、それは…ぁぁ…(いやらしく下で乳首を弄られれば、どうしようもなく感じてしまい声が出てしまう)  (0:48:27)
山田喜一郎  >  (ついばむように乳首に舌を絡める…)ヒヒヒヒッ…こりこりの乳首をじゃないか…え?(見上げるように愛美の淫らな表情を見ている…)  (0:50:16)
綾瀬愛美  >  ん…ひぃ…ぁぅ…んんん…そ、そんなこと…い、言わないでぇ…ぁぁ(顔手でが隠せないのが恥ずかしい、感じたはしたない顔をさらしてしまいながら)  (0:53:06)
山田喜一郎  >  奥さん…清楚な顔してるが…感じちまうと…はしたない牝の顔になっちまうんだな?よだれが出てるぜ♪(乳首をいたぶりながら…綺麗な唇に指を入れ…舌を刺激する…)  (0:55:41)
綾瀬愛美  >  ぁぅ…見ないで…ください…ぁんん、んん…んぐ(乳首を弄られながら、今度は口に指を入れられて)  (0:59:43)