明日のお昼、男性専用車両に乗るのでたくさん犯してください☆」という顔画像付きのレスが上がります。男性たちは半信半疑で指定の時間に乗るとそこには画像と同じ顔の環奈が、露出した服で乗ってきて…

痴漢  >  フフ…おちんちん欲しいかい?なら、ちゃんとおねだりしてくれなくちゃ、ね…♪(擦られ始めた肉棒は早くもピクピクと反応し、そのまま環奈の片手にしっかり握らせたまま、離すことを許さない。露わになった乳房は、左右で別々の手が弄り倒していて、片方が指でコリコリと乳首を転がされれば…もう片方には、男性の口がチュッと吸いついてきて、子供みたいに吸っちゃって。秘所は変わらず広げられたまま、別の男性の指がクチュリ、クチュリといやらしい音を立てながら出し入れされ続けている。そんな中、環奈のもう片方の手が、男性にいざなわれて、自身の割れ目にあてがわれれば…くぱぁ、と割れ目を広げるように動かさせて。丸裸で抱えられながら、秘所を広げる…もはや痴女というより、性奴隷のような格好で)ほら…おねだりしないと、ココにあげないよ…?(そんな格好で、焦らすように、男性の指が膣内をクチュリ、とじれったくかき回してきて)  (0:51:48)
環奈  >  やぁっ、ぁんっあっ…おっぱいもっおまんこも、らめぇ…!(数多の男性に見られながら全裸で秘部を大きく露わにし、乳首は指で弄られたり口で吸われたり、膣はしきりに大きな指で車内に響き渡るくらい激しく出し入れされて、けれどイッてしまわないように加減はされて、さっきからしきりにビクンビクンと体が跳ねあがるほど快楽に包まれている環奈。早くイキたい、早く挿入されたいという気持ちは高まり、ドロドロになった割れ目を自身の手で広げさせられると、「おねだり」という言葉でそのまま誘われるように言葉を放ち)あっあぁんっ…はぁっ、おちんちんっくださぁい…んんっ。欲しくてっ、ぁあっ…もうっ、欲しいのぉ…! 環奈のおまんこにっ挿れてぇ…!  (1:00:27)
痴漢  >  そらそら、環奈ちゃんのエッチなおっぱいとおまんこ、もうトロトロじゃないか…♪(環奈の体がビクンと跳ねれば、絶頂させまいとしてる手は、ピタリと動きを止めて…波が引いたのを見計らえば、また動き出す…そんなことを繰り返していれば、環奈の体はすっかり昂って、女性としての艶めかしさ、いやらしさが存分に発揮される。そんな状態でおねだりをされれば、ガマンなんてできるはずもなくて)…フフ、良いだろう、それじゃあまず一発…痴女の環奈ちゃんにお仕置きだ!(目の前の男性がチャックを降ろせば、露わになる肉棒。指が秘所から引き抜かれれば、それと入れ替わる形で、一気に突き立てられ、身動きの取れない環奈の秘所を、最奥までいきなり押し込んでいって…。膣が肉棒を締め付けると、それに合わせて…環奈の方が、まるでオナホのようにグチュグチュと体を動かされていって。いつの間にかもう片方の手も肉棒を握らされ、左右で肉棒を扱きながら、オナホ替わりのように犯されている形に…)  (1:05:53)
環奈  >  ぁっはぁっ、んっ…ぁっああああぁぁっ…!(何度も執拗に焦らされた膣内は大きく太いその肉棒を突き刺されるだけで呆気なくイってしまい。ビクビクっと痙攣し、膣内はきゅぅっと締まり、肉棒を締め上げるのが、そんなことは関係ないと言わんばかりに、後ろの男性が無理やり体を動かせ、膣内を肉棒に擦り上げると、イったばかりということもあり敏感な膣にその刺激は強すぎて)ぁっぁんっ、イッイったっ、ばっかでぇ!あぁっ!(両手も肉棒を持たされ、その体を動かしている反動と無意識に擦り上げていて)  (1:23:00)
痴漢  >  フフ、知ってるよ…っ、だから今の環奈ちゃんのおまんこ、すごく締め付けてきて、犯し甲斐がある…っ♪(環奈をまるでモノのように激しく動かせば、本人の意思を無視して、膣内を激しくかき回していって。そのまま数度環奈が絶頂し、膣内がすっかり蕩けてしまった頃…不意に、ビクビクと、挿入されていた肉棒が脈打って)っ…フフ、本当にすごいね、もうイっちゃうよ…ほら、環奈ちゃん…お待ちかねのザーメンだ…たっぷり、味わいなさい…!(環奈だけでなく、男の方も激しく腰を振れば、パン!パン!と打ち付ける音…見れば両手が扱いていた肉棒も、今にも絶頂しそうなくらいに脈打っていて…環奈が何度目かの絶頂に達し、ギュッと肉棒を握り、膣を締め付けてしまえば、その瞬間にいずれも射精…環奈の膣内と顔面…そして乳房に、たっぷりとそれぞれから精液がかけられていって)  (1:29:27)
環奈  >  ひぃっ、またっまたぁ! またっイクっ! んんんんっ…!(何度目の絶頂かわからないほどイかされ続けられるも動きは止まってくれず、頭の中は真っ白で、いつのまにか挿入してる相手も腰を打ち付けてきて、じゅぼじゅぼと激しい水音が結合部から聞こえてくるほど突かれて)はぁんっ!あっあっ、もっらめぇ! 壊れっ、んんっ、はぁっああああぁぁっ…!(環奈の絶頂に合わせる気はなく本当に身勝手に相手だけ気持ちよくなり、中出しされるのと同時に両手の肉棒を大きく射精して、環奈の体中を汚していき)  (1:35:31)
痴漢  >  っ…!っっ…!!…ふぅ…♪(射精後、何度か膣内をかきまわしてやれば、ゆっくりと引き抜いて。精液が秘所から零れる様子は、男性達の性欲を更に刺激していく。今にも壊れそうな環奈をゆっくり床に降ろせば…環奈の目線には、男性達のいくつもの肉棒が)…さて、どうするかな、環奈ちゃん?(口と手で奉仕、四つん這いになってのおねだり、特定の誰かに縋り付く…セフレか、性奴隷か、あるいはペットか…いずれにせよ、このままぼんやりしていれば、男性達は欲望のままに襲ってきちゃうだろうけど)  (1:40:04)
環奈  >  ぁぁぁ…!んっ、はぁ…っ(髪も顔も体もそして膣内にも、精液だらけの環奈は降ろされた床でぐったりとしていて。けれど周囲の男たちの露わになった肉棒を見るときゅんっとおまんこがまた疼き始め)はぁっ…もっと、してぇ…?(気だるい体に鞭打てば、環奈を囲んだ肉棒の中で適当なものを選び、口に咥えて)あむっ…貴方がいいなぁ。もっと、環奈のこと、気持ちよくしてぇ…?  (1:46:05)
痴漢  >  っと…ぼくか…ん、解ったよ、任せてくれ♪(周囲の男性達の羨ましげな視線を受けながら、選ばれた男性は、環奈の頬を軽く撫で、その場に座り込んで、環奈に肉棒をしゃぶらせたまま、その乳房をゆっくり、優しく掴んで揉みしだいちゃう)ん…いいねぇ、環奈ちゃん、おまんこも気持ちいいみたいだけど、おっぱいも柔らかくて触っていて気持ちいいよ♪(フニフニと、さっきまでの激しい攻めとは違い、じっくりと環奈に快感を与えるかのように。結果的にお尻を突き出すような形になった環奈の秘所には、それでも別な男の手が伸びて…クチュリと、割れ目を撫でてきて)  (1:49:42)
環奈  >  んぅっ、ちゅっちゅぱっ…ちゅるっ…(床に座った男性の肉棒を従順な犬のように根元まで口に含ませて奉仕していき、根元を手で掴んで集中的にやっていると、相手の手が精液塗れでヌルヌルの胸を柔く揉まれていき、その今迄の行為との差により感じて口を離してしまい)んはっ…ぁんっ、嬉し、いぃ…。ちゅぅっ…んんっ…!(絶頂したばかりの割れ目は精液と愛液で混ざっていて、奉仕しながら揉まれて割れ目も弄られていることに興奮して、より顔を近づけお尻を高く上げて奉仕をしていき)  (1:56:58)
痴漢  >  っっと…ほらほら、気持ちいいのは解るけど、ちゃんとしゃぶってくれないと、ね…♪(言う事聞けない子はお仕置きだ♪なんて楽しげにつぶやけば、環奈が口を離すと、軽く乳首をキュッと摘まんで引っ張って。フェラをしてる間はじっくりと、フェラを止めれば強めにギュッと刺激して、環奈の乳房に絶えず快感を与え続けている。お尻が持ち上がっていけば、その姿はまるで発情した雌犬のようで…。お尻と秘所に男性達のいやらしい視線が集中すれば…誰ともなしに、再び手が伸びてきて。絶頂したばかりで敏感になっているそこに、誰かの指がツプリ、と入れば…また激しく、環奈のフェラを邪魔するように、手マンを始めて)全く、こんなにおまんこ突き出しちゃって…どうしようもない痴女ちゃんだね、環奈ちゃんは…もっと、おちんちん欲しいかい?♪  (2:01:32)
環奈  >  んんっ…! はぁ、い…んぅ、じゅるっ、っ、あぁぁっ…!(絶えず割れ目の刺激が来るのに耐えて、フェラを続けていると、敏感になった指がまた膣内に入ってきて、口を離すとお仕置きだと乳首を引っ張られて、雷のような刺激が脳内に来て。けれど彼にも気持ちよくなってもらいたいし、自分も肉棒を舐めたいという気持ちで構わず一心不乱でフェラを続けるが)んっじゅぱっ、ぁっんっ、はぁっ…じゅるっ、んんっ! ほひぃっ…んっじゅぽっ…! 欲しいっよぉ…っ  (2:08:51)