貴女はJK時代に盗撮されたビデオから同級生の変態デブキモオタに犯され性奴隷にされてしまい本人にやられるのは勿論永久脱毛されたおまんこや大きめな胸で売りをやらされたり貸し出されたりまでしていた

野島みう  >  っっ…ぁっ……ハァハァっっ(反射的に揉まれている胸を突き出し、耳を舐められると吐息を漏らす)は、はぃ……ご主人様……(ポケットから昨夜の男から渡された4万を出しながら…)95………点です………(男から送られてきた写真が証拠。みうは挿入前から縛られ、玩具や指でいたぶられただけで毛の無い陰部をグッショリと濡らしてしまっていた)  (2:54:36)
村瀬 尚之  >  95点なんて次はいつするか決めてきた?またそのおやじとしたいんだ…しかもただで…ふぅん…(みうが嫌いで貸し出してるのではなくむしろ大好きで貸し出し先にも感じないで欲しいくらいだが感じてきてしまったのにかなり嫉妬したらしく玄関先で首筋を舐めながら…)そんな高得点なら次は寝取られちゃうかな♪(と小さなお尻にがちがちなちんぽを押し当て擦らせてくる)  (2:58:16)
野島みう  >  んっぁっあっっ……したい…んじゃ……な……はっっっぅ(毎回証拠写真を送られているのを知っているみうは、ただ嘘をつけずに……嫉妬で首筋を舐められ、お尻に肉棒を擦られると、他の男達には無い村瀬のねっとりした愛撫やセックスを想像して感じてしまう)次……来週って……言ってました…「また、縛って…みうちゃんのエッチな体で…おじさんのちんぽ気持ちよくさせてもらうね」って……  (3:03:18)
村瀬 尚之  >  ふぅん…おやじ調子に乗ってただろ?ただマン確定にあと5点なら…なんかマーキングとか…(とスカートに手をあてがい捲るとやっぱり太ももからパンツの中へキスマークだらけ♪昨日のおやじは特にねちっこくて次はみうちゃんもらっちゃうねと宣戦布告までしていて…)ダメだなぁ…みうには教育がまた必要だね…(とキスマークをなぞるようにパンツの飢えから割れ目を擦らせてくる)  (3:07:08)
野島みう  >  うっぁっ……くっ…(おやじにキスマークを付けられていたのは分かっていたが、縛られていたため抵抗出来ずに……やんわりと擦られただけで、変態セックス中毒にさせられた体は簡単に反応して愛液がじんわりとパンティに染み出す…)ご、ごめんなさい、ご主人様…………みう……みう………(恐怖と快楽が同時に襲って来る。村瀬の言う「教育」とか「調教」とか「躾」などは、「今日は朝まで寝かせず村瀬の好き放題に体を使われる」という意味で……)  (3:11:35)
村瀬 尚之  >  もう遅いよ?それとも俺には触らせたくないくらいおやじのが気に入っちゃった?(とだんだんと割れ目をなぞるスピードを上げ面白いくらい濡れてくるのが分かり鎖骨を舐めながら…)今日は何回しようかな…奉仕もたっぷりさせるから覚悟するんだよ?  (3:14:21)
野島みう  >  ぁっうっは、はぃ…ご主人様……(こんな風に、あまりに感じてしまった貸し出しや売りの後は激しく村瀬に体を貪られる……それを分かって堪忍しているみう……気づけば、村瀬のたった5分の愛撫でパンティの中は洪水状態)  (3:17:26)
村瀬 尚之  >  はぁ…はぁ…みう…ほんとにみうはいやらしいなぁ…他のちんぽにそんなに服従してきて…駄目な牝犬だね…(とみうの反応にみうの淫乱さを強調して心の中まで服従させようとしてくる…そのまま指をパンツの脇から差し込み焦らすように人差し指だけ入れてかき回し…)ご主人様の命令とか言いつつ色んなちんぽにやられるの楽しんでないか?最近点数高すぎだぞ?(その前にもただマン確定しているちんぽがいて来週はほとんどがただマンちんぽで)  (3:21:57)
野島みう  >  ぁっんぁああっっち、ちがっっっ(村瀬の言葉にドスケベな体を自覚させられているようで……)ちがいます、ご主人様…みうはただ…はぁはぁっっ(実際、「変態プレイ好き」と聞いた男達のプレイはエスカレートし、みうの理性が崩壊寸前になるほどのプレイがここのところ多い。それに……みうは次の日に嫉妬で村瀬が激しく求めてくるのを潜在的に望んでいるのか……今のみうのはわからない…)そこ…っうっっだめっぁっ…(まだ玄関先だというのに、指を差し込まれたパイパンマンコからはドクドクと愛液を溢れさせ、内股まで汚してしまう)  (3:27:02)
村瀬 尚之  >  くすくす♪ほんとは開発されて嬉しいんじゃない?みうのご主人様が俺じゃなきゃ他のちんぽに股を開いても良いなんて言わないよ?ご主人様が俺で嬉しいだろ?(とパンツを膝まで下ろして指を二本に増やして執拗に中を擦らせながらセーラー服をへそまで捲り…)こんな経験して俺のペットで嬉しいだろ?みうは♪もう普通の生活なんか出来ないよな?  (3:31:02)
野島みう  >  ぁああっっくっっ……んぁああっっ(近隣にまで漏れてしまいそうな声で鳴きながら、執拗な愛撫で玄関先にグチュグチュと水音を響かせる)う……うれし、です…ご主人様…ハァハァっっ(抵抗するのが恐く、促されるまま小さく呟く……しかし体は快楽を正直に受け入れ、村瀬の指を締めつけながら絶頂に達しようとしていた…)だ、だめ……そんな乱暴にしたら…うっっ…みう…はぁっっはぁっっっ  (3:35:01)
村瀬 尚之  >  いきなよみう♪どうせこんなトロトロじゃ奉仕も身が入らないだろ?いかせてやるからいけよ♪牝犬ちゃん♪(扉にみうをおしやり無理矢理片足を上げさせパンツを片足引き抜かせてぐちゅぐちゅと執拗に手マンされながら乱暴に唇も舌で犯してくる)  (3:37:37)
野島みう  >  んっっんちゅっっ……にゅ……(清楚なJKだったあの頃の面影も無いみう……キモデブオタの村瀬に指で掻き回され、締めつけて…………)なっ…だ、だめ…も………(堪らず村瀬の肩を両手で掴むと、ビクン、ビクンっっと腰を痙攣させて潮を噴いてしまう……玄関にはみうのイヤラシイ汁がポタポタと落ち……)ハァ……………ハァ……………  (3:41:24)
村瀬 尚之  >  玄関で潮吹きなんてほんとにどスケベだなぁみうは…嫌いじゃないけど…(と言うなり扉に手をつかせて潮を吹いたばかりなのに休ませもせずに…)じゃあ牝犬みうまんこ頂きます♪(と当たり前のように挿入…しかも最初から容赦なく激しく腰を振ってきて)  (3:43:54)
野島みう  >  ぁああっっだ、だめっっご主人様……っっっ…(抵抗など出来ないみう。イッたばかりで敏感な体に村瀬の極太ちんぽを挿入されると、体を反らして悶える)はぁっはぁっ…そんな……はげしく……っっ  (3:45:53)