貴女の元へ届く、荷物。それを届けに来た宅配業者の僕は、貴女の美貌に勃起してしまう…それを見た貴女はつい僕を誘惑してしまい

古賀美咲  >  そう、じゃあ罰を与えます。されて嫌なことある?ねえ、言いなさい。  (3:10:38)
佐々木隆之  >  されていやなこと…恥ずかしいこと言われながらおちんちんしゃぶられるのが嫌です?  (3:11:35)
古賀美咲  >  わかった。ここじゃ寒いし、あなた、えっと佐々木隆之(制服の名札を見る)、中に入りなさい。あなた大きいからしゃぶりにくいの。せめて寝てもらわないとしゃぶれないわ  (3:13:38)
佐々木隆之  >  はい…?(三咲についていき、指定されたことによこになる?)それでは、罰を受けます?  (3:15:04)
古賀美咲  >  (いきなりくわえようとするが少し戸惑う。無理かもしれない)しょうがないわね(.棒の部分をソフトクリームをなめるようになめる)  (3:16:19)
佐々木隆之  >  はあぁぁ…??美咲さんの舌使い…たまらないです…(竿を舐められアヘアヘしてしまう?)  (3:17:37)
古賀美咲  >  (ああ、しあわせ)嬉しそうじゃない。これは罰なのよ?  (3:18:28)
佐々木隆之  >  …あぁ、辛い…罰は辛いですぅ…??おちんちん責められてとても辛いです…  (3:19:32)
古賀美咲  >  根元まで丹念に舐めて、たまたまのところも舐めます。たまたま舐めながら手で棒をしごきます  (3:21:15)
佐々木隆之  >  たまたまも、竿も責められたらおかしくなります?(興奮し、さらに強烈なオスの匂いがはなたれていく)  (3:22:47)
古賀美咲  >  (大きすぎて片手じゃすぐ手首が痛くなる。ちゃんと逝かせてあげらるか不安)  (3:23:44)
佐々木隆之  >  ハァハァハァ…??おちんちん…おちんちん…??責められてるのに出ちゃいそう??  (3:24:41)
古賀美咲  >  やらしいから、いじめられて喜んでる、太くて逞しいのに、魂は情けないのね  (3:26:18)
佐々木隆之  >  美咲さん…もっとおちんちんいっぱいいじめてください?おちんちんに美咲のおちんちんって落書きしてください??  (3:27:38)