ロリ人妻の凶華様がスケベ親父に寝取られオナホ扱いされるメス豚奴隷に

乱崎 凶華  >  ちゅうっ、んちゅうっ、ふぁ、はい、旦那さまぁ? ちゅううっ??///(完全に唇を重ねているキス姿を撮影して夫に送信)『ハゲ親父の家に到着♪ 親しい相手とはいえ、家に上がるときはちゃんと挨拶しなきゃな?』  (1:05:42)
親父  >  ふふ、明日まで凶華は私のお嫁さんだ。ちゅ、ちゅうっ んちゅ、れる、れろ…っ(お姫様だっこで抱えればキスをしながら玄関から居間へと運んでいき)  (1:08:13)
乱崎 凶華  >  ちゅうっ、んにゃあ、れろぉ、んはぁ……んちゅっ、んんっ、ちゅううっ??///(何度もキスを繰り返していると、凰火からの返信が)【凰火】『ちゃんと挨拶できて安心ですね。加納さんにもよろしく伝えて下さい』  (1:10:33)
親父  >  ん、それじゃあ浴衣を持ってこよう。それまでに服を脱いでおいてくれ(そう言い残せば凶華を残し居間を出ていき。居間にはこうなることを予測していたのか卑猥な玩具などが置かれていて)  (1:13:59)
乱崎 凶華  >  にゃああ……?///(言われた通りに裸になってきゅんきゅん疼きながら)《メールのやりとりはそちらにも全部見せてるってことで♪》  (1:15:31)
親父  >  持ってきたよ。さあ、それを着てまたセックスだ。その写真をあの男に送ってあげよう(浴衣を持ってくれば凶華に私、頬を撫でながら優しく微笑みかけて)【わかりました。送る文章とかは私も考えた方がいいですか?】  (1:18:31)
乱崎 凶華  >  ふぁあ、はい……?///(ハゲ親父に見られながら浴衣を着用して)《いや、こっちでやるから大丈夫♪ でもこういう言葉を入れてほしいとかは遠慮なくどーぞ?》  (1:20:26)
親父  >  おお…似合うよ、凶華。それじゃあ、お祭り当日にやることを手取り足取り、腰取り教えてあげようっ(凶華の浴衣姿に心を打たれながら、後ろを向かせソファーに手を突かせながら、後ろからおまんこに肉棒を勢いよく突っ込んで)【そうですね…。では、凰火のことを呼ぶときには、お前という風に書いてください。対等ではなく、さりげなく彼を下に見る感じで】  (1:26:27)
乱崎 凶華  >  《りょーかい♪》  (1:29:01)
乱崎 凶華  >  んにゃあああっ?? はぁっ、はい、いっぱい教えてくださいっ、んあああっ??///(バックから一気にぶち込まれて……ハゲ親父と繋がっている姿を横から撮影)『早速浴衣を着せてもらったぞ♪ 似合うかな? ちなみに当日はハゲ親父と一緒に回るから、より息を合わせられるようにラブラブ夫婦みたく「旦那さま」と呼ぶことにしたぞ?』【凰火】『馬子にも衣装とはよく言ったものですね。息を合わせるのが大事なのはその通りですが、夫婦ごっことはまた変わった方法ですね』  (1:34:28)
親父  >  くっ、はあぁっ! 当日は、凶華と私は一日中セックスをする…っ くっ、お祭り自体は町外れの神社で行うが、私たちは違うっ、ふんっ! もう少し奥にある本宮で、一日中セックス…いや、交尾をするんだっ! それまで、すぐにイケるようになるまで調教してやる!(激しく腰を振り快楽を凶華へと与えていきながら、パンッパンッと肉を打つ音を部屋中に響かせて。さらに浴衣をはだけさせ、より扇情的な格好にさせていき)  (1:40:17)
乱崎 凶華  >  にゃあっ、あんっ、んんぅっ、んはああっ? ひぅうっ、んにゃああっ??///(パンパンと激しく腰を打ち付けられて……浴衣がはだけている姿も撮影。ギリギリ見えていない)『旦那さまに色々教えてもらって、すっかりラブラブだぞ?(笑)』【凰火】『はいはい、仲良しなのは知ってますから』(やや呆れながら返信)  (1:45:35)
親父  >  ふは、まさかついて早々ハメられてるとは夢にも思ってないだろうなぁっ! くっ、おらっ、凶華っ、もっとしめろっ!(凶華の両腕を取ればこちらに引っ張り縋ることをできなくさせれば、さらに激しく奥まで打ち付けていき)  (1:49:01)
乱崎 凶華  >  はにゃあっ、ああぁっ、はぅうんっ?? んはぁっ、ひはああっ、は、はい、旦那さまぁっ??///(子宮の奥までピストンされながらおまんこを締め付けて)  (1:51:16)
親父  >  うっ、くぅっ!いいぞ、凶華っ! はあっ、ふんっ!ふんんっ!(肉棒をおまんこから抜ける寸前まで抜きそこから子宮まで勢いよく突き上げて、凶華の身体を絶頂へと押し上げていき)  (1:53:24)