「 ファンタジー系 」一覧

NO IMAGE

洗脳や催眠の能力を使いこなす悪の組織のあなた。ヒロインで正義の心を持った邪魔な存在であるアイを洗脳と催眠と快楽で悪に従順な存在へ変えようとする

八木 克哉  >  (跪く魔法少女を見下ろし、勝ち誇ったように笑みを浮かべる。こちらの思い通りにおびき寄せられた彼女に対し、警備員に扮して近づくと、至近距離で視線を合わせて怪しい眼光を注ぎ込めば、たちまち身体の自由を失い今の状態に至る)まんまと罠にかかったな。無様なものだ…(ゆっくりと膝を折る...

NO IMAGE

屈強な戦闘員たちに敗北し犯さされる正義魔法少女ヒロインルナ

ルナ  >  ちょっと・・・!乱暴にしないでっ!(肩と腕を押さえつけられ、魔法も使えないルナは屈強な戦闘員達につれられてゆく、暗い石で出来た長い通路をひたすら歩き、やがて広い場所に出てしまう)  (0:58:18) サクニュー帝国  >  「さぁ、ここで戦ってもらうぞ!」(広く、明るい...

NO IMAGE

豊満な体とおっぱいミルクを搾り取るためヒロインの魔法少女が触手魔獣に犯される

触手魔獣 > (魔物の巣穴に侵入しようとしてきた外敵、ルナを見つけると圧倒的な力で痛めつけ続け、抵抗出来なくなるまで弱ったことを判断すると触手はルナの足元にゆっくりと巻き付き始め、巣穴へと引きずりこもうとしてくる) (2:36:43) 魔法少女ルナ > くぅっ・・・・・・・・!やめてっ!...

NO IMAGE

超大量に出したザーメンを顔や髪にぶっかけたり。色んな物や服にもぶっかけたりしてください。おちんぽビンタや連続絶頂みたいなのも大好きなドMです

レイナ  >  はぁっ?はぁっ?……どうだ?私は普通のふたなりより精液が多い体質みたいでな、一回の射精でもこんなに出ちまうんだ……?  (0:52:20) レイナ  >  それじゃあこの化粧水を、私のおちんちんで塗り込んでやるからな?(ぬちゃっ?……ぬーりぬーり?ぬるっ?ぬるっ?  (...

NO IMAGE

紅髪ウェーブの女戦士アリエス。遺跡で手に入れた不思議な催眠の指輪を使って、出会う女性に種付け交尾をさせてもらいます

女戦士アリエス  >  へっへっへ、エロい尻しやがって。前からいっぱつやらせてほしいとおもってたんだよね(むちむちのお尻をいつも振りながら歩いているクウラ。ずっと狙っていたんだ、と舌なめずりすると、具合よくぬるぬるになったお尻の穴の前にぎんぎんに勃起したふたなりペニスを取り出して。それじゃ、さ...

NO IMAGE

皇国の貴族に容姿を気に入られて引き取られた女騎士、毎日性奴隷として過ごす日々が続いており

アシュレイ  >  ん、ふ…っ、ちゅ…(もう嬌声は抑えることはない。だけど、悦んでいることは絶対に口にしないと、視線を逸らしたレイラから伝わってくる。ただ、男の思惑を察することができても…絶対にしないと決断しても、無駄だということは男には分かっている。鳴かないなら、鳴くまで…男の舌の平がグっと...

NO IMAGE

メスとして扱われる屈辱的な行為に被虐の悦びを感じ繰り返し絶頂に誘われる王女

ミレア  >  (暗殺されるのではと怖れていた相手からの以外な言葉に一瞬、呆気にとられるも肉欲を満たすという淫らな言葉に肌理の細い色白の柔肌を火照らせてしまい)な、何を言ってるのですか…?私を誰だと…えっ?すごい…(見てしまっただけで虜にされるような逞しく凶暴そうな男性器を見つめてしまい、漂っ...

NO IMAGE

ヌチャヌチャの触手と濃厚な交尾がしたい女の子を募集。頭の悪い描写で交尾

水原真紀  >  (この世界では人間とモンスターがともにあり、勇者や僧侶といった役職も少なくない。そんな中、何の職を持つわけでもなく普通に暮らしている町娘の私は街で噂になっている洞窟へと足を踏み入れてしまう)ここ、だよね…(そこには触手が蔓延り、行けば帰っては来れないと言われていて。女性は近づ...

NO IMAGE

余裕綽々だった淫魔がただの人間に激しく犯されて連続絶頂に追い込まれ痙攣しながら敗北宣言

ダース♂  >  よう、ようやく見つけたぜ?(冒険をしている時に噂のリリムを見つけ衣服を脱ぎながら話しかける。すでに興奮しており肉棒が勃起していた)  (1:04:10) 気まぐれ淫魔リリム  >  うん?(パタパタと心地よく飛び回っていた私に不意に貴男が話しかけてくる)みつけたぁ?な...

NO IMAGE

戦場で捕虜として捕らわれた帝国の女騎士のレイラは戦争が終わったことを知らされず…皇国の騎士or貴族に容姿を気に入られて引き取られて以来、毎日性奴隷として過ごす日々が続いて

アーウィン  >  (戦場で捕えた女騎士にここ最近かかりきりのアーウィン。妾の相手もしてやれという婆の小言を聞き流しながら、向かうのは彼女、レイラの部屋だ。彼女は戦いでも強かったが心の方もまた強く。あれだけ何度も乱してやっているのに、ちっとも俺になびかない。そこがまた気に入っていた、扉を二度ノ...