「 ヒロイン敗北 」一覧

NO IMAGE

私たち勇者一行はようやく悪の大魔王のもとにたどり着いたがすでに満身創痍で皆倒れついに私一人に

大魔王 グラン  >  弱者共め....我に刃向かった罪....さぞかし重いぞ...丁度いい...女...お前は人間どもへの見せつけにしよう(シャインを見ると苦しむシャインの仲間を尋常じゃない脚力で蹴りあげて思い切り止めを刺すとシャインの頭を掴み持ち上げる)  (22:20:52) 神官シャ...

NO IMAGE

貴女はスパイとして潜入するも捕まり磔にされる。そして、激しいくすぐりによる拷問が始まる

なお  >  (右わき腹をくすぐる男は片手を腋の下にうずめてコリコリとくすぐりつつもう片手でおへそ横あたりの脇腹を優しくつかみ揉んでいく。左脇腹をくすぐる男は人差し指で上下に脇腹を突っつき回しつつもう片方の手でおへそ周りを指先でこしょこしょとくすぐる)  (0:05:51) 愛華  >...

NO IMAGE

様々な変態攻撃で街の女性を絶頂地獄へ導くエクスタシーデビルと戦う魔法熟女リサ

淫獣ギルルン  >  (街で肉便器にする牝を調達するためフェロモンを撒き散らしているギルルンフェロモンに脳を蕩けさせられ小さな女の子や人妻、婦警やシスターもギルルンの元へ集まっている)ふぅむ…今日は量は多いが少し質が悪いなぁ…もっと上等な牝はいないのかぁ?(おこぼれに預かった戦闘員たちが好き放...

NO IMAGE

大国である貴女の国を攻め落とした褒美に捕らえた高貴で絶世の美女と歌われる女騎士の貴女を貰い受け・・・生意気で高圧的な貴女をオネダリしてくるくらいはしたない女に落としていく

ローナ  >  姫様…ごめんなさい…(そう呟き涙を一滴流す)いいか…いくら強姦されようが私の心は絶対に折ることは出来ないこれは不変の事実だ(媚薬の効果が薄まってきたのかローナはそれだけ言うと覚悟を決めたように目を閉じシエナに躰を預ける)  (3:22:50) シエナ  >  (ゆっくり...

NO IMAGE

ハイスクールD×Dより爆乳ヒロイン姫島朱乃陵辱イメチャ。雷光の巫女が、財力以外は何も取り柄持たない一般人のオヤジに無力化され好き勝手にその魅惑の身体を弄ばれる

姫島 朱乃  >  (両手を背後に回され縛られた状態でベッドに寝かされいる一人の美女。艶やかな黒髪に整った顔立ち。ふっくらと膨らんだ唇に長い睫毛、スカートから伸びた長い美脚は無駄な肉など無く、かといって痩せ過ぎず適度にむっちりとした太腿は魅力的な色香を放っている。彼女の名前は姫島朱乃。巷では学...

NO IMAGE

秘密捜査官が麻薬組織に捕縛され、尋問を受ける….苦痛、陵辱

真田真人  >  (真田はベッドの上の沢井をじっと見つめて)…ほら、そろそろ効いてきたかな…身体が熱くなってきただろう、沢井。…(真田はベッドの傍のテーブルの上のハサミを右手には持ちながら)…これでお前の着ているものを…(右手に持つハサミを沢井の胸元へ…胸の上のファスナーを左手で下ろしながら)...

NO IMAGE

洗脳や催眠の能力を使いこなす悪の組織のあなた。ヒロインで正義の心を持った邪魔な存在であるアイを洗脳と催眠と快楽で悪に従順な存在へ変えようとする

八木 克哉  >  (跪く魔法少女を見下ろし、勝ち誇ったように笑みを浮かべる。こちらの思い通りにおびき寄せられた彼女に対し、警備員に扮して近づくと、至近距離で視線を合わせて怪しい眼光を注ぎ込めば、たちまち身体の自由を失い今の状態に至る)まんまと罠にかかったな。無様なものだ…(ゆっくりと膝を折る...

NO IMAGE

幼なじみの2人は同じ高校に通っていて、皆に2人が戦士であるとバレないように、ガイアレンジャーとして戦っている

けい  >  はぁっ!やぁっ!ガイアショット!(難なく戦闘員を倒していき)とっととケリをつけるぜ!(セクシーナに向かおうとすると身体が動かなくなり。この技は前にホワイトが受けた技…)なっ…かっからだが…くっ…  (23:13:15) みか  >  ちょっと…私の邪魔なんて酷いですよ。ク...

NO IMAGE

油断していた大剣のルカはマゾ乳首をこね回され、牝穴をトロトロにしてちんぽをハメられて牝牛へと落されてしまう

大剣使いルカ  >  ああ…ん、そんなこと…(ただお尻に肉棒を擦り付けられるだけなのに、下腹部がじんじんと熱く疼いてしまう…)あっ、やっ!見るなぁ…(ズボンを下ろせば牝汁でとろとろの牝穴が張り付いた下着越しに丸見えに…ひくひく、といやらしくひくついている)  (2:03:04) レイン  &...

NO IMAGE

「盗賊」として悪名名高い銀髪可憐なチェイサー。しかしある日、忍び込んだ屋敷で捕獲され、両腕を吊るされてしまう

主♂  >  (侵入者を捕えたという知らせを警備から聞いて、屋敷の奥まった部屋まで足を運ぶ。薄暗い部屋の中には両腕をつるされた状態のチェイサーがいて)ほぅ…これはこれは…(にやにやと笑みを浮かべながら近づいていく。相手が動けないとわかっているからこその余裕で)珍しい侵入者がいたものだ…目的が何...