少子化対策として新たに政府が発案した女性肉便器法案が可決され試験的に1人のキモヲタに特別肉便器許可カードが配布された

キモオタ  >  早くしてよぉ~?(そう言いながら貴女の服を脱がせ全裸にしていき)はぁ~いいおっぱいにおしりぃレロォ~(お尻にデカチンポを挟ませ舌で背中を舐めあげて)  (1:15:14)
なるみ  >  あんっ?わたしも…最近ご無沙汰で…?そんな大きいの初めてなので…?興奮してます…?(最初は強気だったがおちんちんの前には無力な女ですぐに従順になる)  (1:17:04)
キモオタ  >  これからは僕が可愛がってあげるよぉ(従順具合を気に入り)とりあえず男性客が居なくなったら…こう放送できるかなぁ?『グラマラスなボディをお持ちのお客様に格安ブランド品の限定タイムサービスを開始いたしますムッチリお尻にIカップ以上のバスト我こそは誰にも負けないグラマラスボディと言える貴女♪一階ステージホールにお集まりください』って  (1:22:28)
なるみ  >  わかりましたぁ?わかりましたから…おちんぽ…おちんぽおまんにはめてくださいぃ…?(もはや我慢できず懇願して)  (1:24:09)
キモオタ  >  もぉっ(ぐっと肩を掴み)ズボボォヌッポォ…ヌプブゥ、ブボォ(おまんこに容赦無くデカチンポの捩じ込み肩を引き寄せしっかり根元まで咥え込ませて)  (1:26:18)
なるみ  >  んほぉ?(一気に入れられた時胸が盛大に揺れて)こんなのはじめてぇ?おおきすぎなのぉ?  (1:27:55)
キモオタ  >  んひぃ♪こんなムッチリボディとハメれりゅなんてぇぇえしあわしぇ~♪(おっぱいをムニュっと形が変わるほど鷲掴みながら激しくピストンして)ズボボォパチュンヌッポォヌッチュパンパン♪  (1:30:55)
なるみ  >  あひぃ?きもひぃ?んっあんっ?らめぇっ?(おまんこは突かれるたびにキツくなり)  (1:31:52)
キモオタ  >  んんぅ~おぉっ♪(デスクにおっぱいを押し付けながらおまんこの奥をほじくり)おっほぉぉおおぶぴぴっどびゅるどぷどぷぶりゅるるぅぶりゅっどびゅっつ(容赦無くキモオタ激臭プリプリゼリーザーメンが溢れんばかりにおまんこに流し込まれて)  (1:36:20)
なるみ  >  んひぃきたぁ??(おまんこの奥に大量のザーメンが流れ込んできて)  (1:38:56)
キモオタ  >  はぁはぁずるんっ♪ぶりゅっどびゅっつぶりゅぶりゅ(おまんこから抜いたデカチンポからまだ出るザーメンでムッチリお尻にドロドロザーメンパックして)はぁ~いいおまんこでちたぁ  (1:41:30)
なるみ  >  妊娠しちゃう?(そう言ったと同時に管理者よりダイナマイトボディの女たちがホールに集まり  (1:46:07)
キモオタ  >  ボテ腹もいいねっ(お腹をさすり)うおっほぉダイナマイトボディドスケベボディ僕のおまんこっ(ホールの女性達を見て興奮し)んっひぃホールに集まった女性達に…そのザーメンべっとり姿で肉便器許可カードを持った男性からの放送だったって伝えてきてぇ?  (1:50:16)
なるみ  >  はい?(そう言うと壇上に立ち)今日お集まりいただいたのはみなさんのカラダをここにいらっしゃる肉便器許可証をお持ちの極太おちんちん様に犯していただくためです?  (1:59:29)
キモオタ  >  んっふぅ皆さんはこのデパートから出ることが出来ませんっ♪通報も無意味です(管理者のお尻を撫で回しながら女性達の前に現れ)たぁっぷり楽しい時間を過ごしましょうねぇ~♪(そして女性達の中から一際爆乳な1人の女性を見つけ)そこの貴女♪ちょっとこちらへ(手招きして)  (2:03:19)