油断していた大剣のルカはマゾ乳首をこね回され、牝穴をトロトロにしてちんぽをハメられて牝牛へと落されてしまう

大剣使いルカ  >  ああ…ん、そんなこと…(ただお尻に肉棒を擦り付けられるだけなのに、下腹部がじんじんと熱く疼いてしまう…)あっ、やっ!見るなぁ…(ズボンを下ろせば牝汁でとろとろの牝穴が張り付いた下着越しに丸見えに…ひくひく、といやらしくひくついている)  (2:03:04)
レイン  >  はは、久しぶりの男のちんぽを受け入れたら君はどんな顔をするか気になるよ(張り付いた下着をずらしてやってはずぶ濡れの秘部に肉棒を挿入しては奥まで入れるが根本まで入らず…)ふふ、俺のちんぽの味と久しぶりのちんぽはどうかな?こう見えてこのちんぽで堕ちなかった女はいないんだが…  (2:09:36)
大剣使いルカ  >  んぉおおお…?はぁあ…こん、な…(とろとろの牝穴に肉棒をハメられてだらしなく口をゆるませ涎を垂らしてしまう牝)おっきい…んんぅ、俺の中っ、ゴリゴリってぇ…(子宮口を開いてちんぽにキスして軽くアクメしてしまう)  (2:14:08)
レイン  >  ほぅ……ルカはちんぽを嵌められただけでアクメするんだな…ククク(ゆっくりと腰を振りだしては肌が打ち付けあう音を響かせていき…デカパイを露にしてやっては後ろから揉みしだいていく)  (2:18:07)
大剣使いルカ  >  やぁああ…んんぅ、俺のまんこぉ…(ゆっくりと馴染ませるような腰使いに、蕩けてしまう牝…)おほぉう…んんっ、やら、んんっ、ちんぽのっ、形ぃ、覚えさせられっん…(胸を揉みながらのねっとりとした交尾…快感に喘ぐしかなく)  (2:22:25)
レイン  >  こらこら、ルカ…俺はでなく…女の子なら私、だろ?(胸を揉みしだいていきながら、指先で乳首を捏ね回していきながら徐々にペースを上げて腰を振って激しく打ち付けていく…)はは、今日から俺専用になるんだからちゃんと覚えてくれよ、ルカ…?(再び優しく耳元に甘く囁けば時折耳元に甘く噛んでみて)  (2:26:59)