来たれ若人!我々、性汁騎士団は女性団員性処理用男性団員を募集中です!今なら現役団員との体験入団SEXも実施中!「君の剣(チンポ)を我々の鞘(オマンコ)に。」

エレナ・リリエル  >  何を言って・・・!ここは騎士団だぞ!?規則の一つも守れない奴が・・・や、やめろ!入って来るなぁ!生チンポ入れるな・・・!?(何とか生挿入を防ごうとするが無駄で、コンドーム無しの生チンポが入ってきて避妊無しの生セックスが始まってしまう・・・エレナの意思とは関係なく欲求不満のオマンコは新しく入ってきたチンポを美味しそうに咥えこんでしまうエレナのオマンコはチンポの根元、竿部分、カリの3か所で締め付けて亀頭とザーメン口はザラザラのヒダヒダが包み込んでこねるようにしゃぶりついてくるエッチな絶品オマンコ)  (23:42:46)
ユート  >  はぁはぁ、生セックスってこんなに気持ちいいんですねぇw入団したら毎日ヤリ放題かぁ…(初めて味わう生セックスの気持ちよさに感動しながらももう入団内定のつもりでおり、入団に成功したらこんな気持ちいいことが仕事に出来るのだと興奮を抑えきれず、エレナのドスケベマンコが童貞チンポに絡み付きねっとりとしゃぶりついてくるのでもっと気持ちよくなりたいと腰を動かし始めて)あーきもちいぃ..セックスさいこぉ  (23:47:11)
エレナ・リリエル  >  ま、まて・・・くぅうあ・・・い、一度抜いて落ち着こう・・・な?セックス、気持ち良いだろう?ここでやめれば勝手な生挿入は無かったことにして公平な審査をしよう。その上で合格すれば気兼ねなく生セックスできるぞ?このまま続けたら間違いなく不合格だ。それは君も嫌だろう?(何とかして生セックスをやめさせようと説得する。その間も生セックスは継続中ではぁはぁと熱い息を吐き、上目遣いともとれる目をユートに向けている)  (23:53:32)
ユート  >  おほぉwおマンコきもちいぃ…もしゴムして不合格になるなら生セックスして不合格になる方がいいなぁwだから生セックス継続しちゃいまぁす(相手が洗いやすいように生セックスを止めさせようと説得してくるが聞く耳を持っておらず、説得中にも腰を振り続け生セックスを継続しゴムありで不合格になるなら生セックスで不合格になる方がいいと腰を振り続け)  (23:58:14)
エレナ・リリエル  >  んな!?ば、馬鹿な!やめろ!?何を言ってるんだ君は!?くぅぅ・・・!こ、腰を・・・!ああぁ!とめ・・・嫌だ!やめてくれ!!あんぁん、んぅぅ~~くぁいや!やだぁ!生チンポくるなぁぁ~!(もはやエレナの言葉なんて聞く耳持たず、へらへらしながら腰を振る中年メタボに「生ハメだけでなく中出しもされる」という本能的な恐怖を感じて嫌々と首を振って嫌がる・・・じゅぷじゅぷという水音とパンパンパン!と打ち付ける音が周りのセックスの音に混ざっていく・・・)  (0:05:05)
ユート  >  あーエレナさんのおマンコ気持ちよすぎてそろそろ逝きそうだよぉ(チンポを突き刺す度にねっとりとザーメンを搾り取るように絡み付いてくるエレナの極上ドスケベマンコの気持ちよさに童貞が我慢できるはずもなく逝きそうになってくるとたっぷり中に出そうと激しく腰を振り)おっほwいくぅw(嫌がるエレナを尻目に気持ち良さそうに腰を振りまくり絶頂を迎えてしまうと普段エレナが相手している男どもとは比べ物に成らないくらいドロッドロの濃厚ザーメンを遠慮なく中にぶちまけていき、チンポが脈打つ度にドピュッドピュッとザーメンを吐き出して)  (0:10:42)
エレナ・リリエル  >  ん・・・あぁ・・・え?出そうって(生セックスは本気で嫌なのだが、やっぱり気持ち良いものは気持ちよくて少し感じていると「射精しそう」という言葉を聞いて目を見開く。たしか初めの質問で彼のセックスアピールは回数とザーメンの濃さだったはず)待て・・・待って!?君のザーメンを出されたら私は!?きょ、今日、私安全日じゃない!大丈夫じゃない日なんだ!やめてくれ!後生だ、やめてぇ!!?やだやだやだやだぁぁ!!・・・!!!??(必死に中出ししないようお願いするがもちろん意味はなく、夢中で腰を振る男はオマンコの奥に突き入れるとビクビク震えてエレナの安全日じゃないノーガードマンコにどぴゅどぴゅとザーメンを送り込む)あぁぁ・・・出てる・・・そんな、嫌だって・・・それに多いぃよぉ・・・いやぁ  (0:19:47)
ユート  >  ふぅ、スッゴい出た(チンポをびくびく脈打たせてはザーメンを吐き出していき、ようやく長い射精が終わるもチンポはまだまだ萎えることなくビンビンに勃起しており、少し自分でもビックリするほど気持ちよすぎる射精にまだまだ出したりないとアピールするように勃起チンポが何度も何度もびくびく脈打って)流石に不合格ですかなぁwww  (0:24:17)
エレナ・リリエル  >  あぁぁ・・・(チンポとオマンコの間から入りきらなかったザーメンがこぷこぷと溢れ出す。エレナは軽くショック受けているようだったが・・・)・・・はぁ、まったく・・・規則を破っておいて何をへらへらしている?(先ほどとは明らかに雰囲気が変わって、じとーっとした目でユートを見ている。そして身動きが取れなかったはずなのにユートを逆に押し倒す体勢(騎乗位)へ・・・)不合格。まぁ、常識的にいけばそうだな。だが、君のチンポに個人的な興味がわいてきた・・・もう少し、審査をさせてもらおうか?  (0:29:35)
ユート  >  え?あ?なんでぇ?(自分の体重で相手を逃がさないようにしていたつもりなのに逆に押し倒されてしまい)わかりましたぁ、気が済むまでたっぷりねっとり審査してくださいねぇ(不合格で強制退場を喰らうと思っていたが予想外の展開にニヤニヤにやけながらチンポをビンビンに勃起させており)  (0:33:23)
エレナ・リリエル  >  ふむ・・・では、お言葉に甘えるとしようか・・・。取り合えず・・・そうだな、連続射精数32回というのが本当か試してみようか・・・(オマンコにチンポを入れたまま、ユートの腰の横に足をついて踏ん張るような体勢になるとゆっくりとチンポを抜いていき、カリがギリギリオマンコ肉に引っ掛かるところから一気にジュップンと腰を落とすゆっくりやる気はないようですごい早さでチンポをエレナの絶品マンコに出し入れする)んぁこれは・・・ふふふいいものを持っている・・・これで今まで童貞とはなぜ性汁騎士団に志願しなかったんだ?(凛々しい顔がニタニタと醜く歪み、この優秀チンポを持つ相手に尋ねる)  (0:40:28)
ユート  >  おっほwてことは性汁騎士団のドスケベチンポ汁絞り体験できるんですねぇw(周りを見ても団員に腰を振って貰っている男はおらず皆必死に自分のチンポをアピールしているなか、自分だけは団員のザーメン絞りテクニックを味わえるのだと優越感に浸り、ゆっくりとカリがマンコ肉に引っ掛かる所から一気に奥までくわえ込まれ極上のドスケベマンコでしごかれると気持ち良さそうにニヤニヤにやけながら)存在を知らなかったんですよぉ…知ってたらもっと前に応募して今頃ヤリチンですよぉw  (0:46:35)