パパのおちんちんに喉を突き上げられて苦いの沢山飲ませられて感じちゃうの

裕太  >  んっ…ズブズブ、グチュ…レロレロッ  (23:55:17)
りか  >  あぁっ…パパ…あぁん、、  (23:55:22)
裕太  >  んっ…はぅ…りか…もっと  (23:55:35)
りか  >  (玉もなめながらしごいて)ペロペロっ、、じゅぼじゅぼっ  (23:56:14)
裕太  >  んっ…りか…はぁはぁ…出ちゃう…りか…  (23:56:37)
りか  >  んっんっ、、じゅぼじゅぼっ、、いいよ、、、じゅるっ、、、  (23:57:01)
裕太  >  んっ…りか…出るっ(腰を突き上げ奥まで咥えさせると口の中に)うぅぅ…出るっ…ドピュドピュドピュ…ドクドク  (23:57:57)
りか  >  んんっ、、!(のどおくに押し込まれドクドクでて)んんっ、、ごくんっ、、、  (23:58:39)
裕太  >  んっ…ピュッピュッピュッ…(残りも)はぁはぁ  (23:59:03)
りか  >  はぁっはぁっ、、ごくんっ、、、れろれろっ、、、  (23:59:46)
裕太  >  はぁはぁ…りか…いっぱい出ちゃった…んっ…美味しい?  (0:00:04)
りか  >  おいしい、、ごくん、、  (0:02:14)
裕太  >  はぁはぁ…んっ…(感じながらおまんこを舐めて)レロッ…ぺろぺろ…レロレロッ…りか…  (0:02:48)
りか  >  (いっぱい出たのにまだ、固くて)ペロペロ、、はぁん、、じゅるっ、、、じゅぼ、、  (0:03:28)
裕太  >  んっ…りか…今度はパパが気持ちよくしてあげるね  (0:03:53)