ブラコンの私は弟が好きで可愛くて堪らない。両親が留守の夜、弟がシャワーを浴びていると、背中でも流してあげると入っていって、恥ずかしくて顔を赤くしながらも、興奮している弟を見て、後ろから抱き締めて固く勃起したモノを擦り始める

侑斗  >  ち、ちがうよっ…これはっ…(無駄だとは思いつつもせめてもの思いで否定して)  (23:36:20)
彩香  >  お姉ちゃんのオッパイの感触で……興奮しちゃったの?(笑)……こんなに固くしちゃって……(固く勃起したおちんちんに、指先で軽く触れるように撫でて……)  (23:38:20)
侑斗  >  ち、ちがっ…あぁっ…!(お姉ちゃんに触られると、激しくぶるっと震わせる)  (23:39:23)
彩香  >  (後ろから耳に息を吹き掛けながら、耳元で囁くように……)お姉ちゃんが……気持ち良くしてあげる…………(後ろから手を回して固く勃起したおちんちんを握ると、ゆっくりと撫でるように擦り始めて……)シコ……シコ…………  (23:41:50)
侑斗  >  だ、だめだよ…(抵抗の意思を見せるも、姉の手に触れる手は止めると言うよりはただ添えられているだけで)  (23:44:56)
彩香  >  侑斗…………ここは……気持ちいい?……(片手で握ったまま、人差し指でゆっくり亀頭を撫でて……)スリスリ……スリスリ……  (23:46:14)
侑斗  >  ん、っ……(黙り込むが、代わりに答えるかのようにおちんちんがビクビク震えている)  (23:48:24)
彩香  >  すご~い……ガマン汁いっぱい出てきたよ?……(ガマン汁が溢れてヌルヌルになった亀頭を、指で摘まんで……)クリクリ……クリクリ……  (23:49:58)
侑斗  >  あっ、あっ…はぁ、はぁ…(姉の責めにみっともない声を漏らしながらすっかり興奮した表情に)  (23:51:42)
彩香  >  侑斗……こっち向いて?……(立ったまま向かい合わせになって……)お姉ちゃんのオッパイ……見てていいから……(間近で顔を見つめたまま、亀頭を手のひらで包んで……)クチュクチュ……クチュクチュ……  (23:53:23)
侑斗  >  はぁ、んっ…っ!(うつむいたまま姉の肩につかまって快感に耐えている)  (23:55:55)
彩香  >  (目の前にしゃがんで、侑斗の顔を見上げながら……)おちんちん……気持ちいい?……(手で扱きながら指で亀頭を撫で回して……)シコシコ……シコシコ……スリスリ……  (23:57:52)
侑斗  >  う、んっ…きもちいい…(快楽に負けてしまい、姉の手に堕ちてしまう)  (23:59:35)
彩香  >  気持ち良かったら……射精していいよ?……シコシコ……お姉ちゃんのオッパイにかけてもいいから……(おちんちんの先を自分に向けて、激しく擦って……)シコシコシコシコシコシコ……  (0:01:17)
侑斗  >  はぁ、はぁ…オネエちゃん…(よだれまで垂らしながら気持ちよくなってしまい)  (0:02:16)