両親の再婚でできた義弟は私を姉として見てくれず。タメ口で名前呼びのため家族らしくなろうと頑張るも気づけば貴方に押し倒されて

文也  >  (菜奈の言葉を無視して胸を揉み)んー…これから俺がすることに何も反応せずに我慢できたらやめてあげる…姉弟のすることじゃないから何も反応しないよね?(裸になる)  (23:29:11)
菜奈  >  (文也の言葉に頭が真っ白になって。裸になる文也をみて首を横に振り)やだ…ぁ…お願い…文…(涙目で見つめて)  (23:31:45)
文也  >  何が嫌なんだよ…弟のことが嫌いなの?(また馬乗りになり胸を揉みながら徐々に菜奈も脱がせて)また泣くの?  (23:33:41)
菜奈  >  嫌いじゃないけど…けど…弟とこんな出来ないよ…(脱がされていき文也の気持ちが分からず)…だめ…  (23:35:33)
文也  >  だから…今から菜奈にいろいろするけど、何も反応せずにいられたらやめてあげるって…(菜奈の下着の上から割れ目になぞる)あれ?濡れてる?  (23:37:28)
菜奈  >  ふ…文…(残酷な提案に涙を流して)…濡れてない…反応しなかったら…やめてね…  (23:39:14)
文也  >  また泣いた…(その姿に興奮して菜奈の足を開かせ股の間に顔を埋めて下着の上から舌を押し当て、腰を掴んで投げられないようにする)  (23:41:32)
菜奈  >  泣いてな…(股に顔を埋め舌で舐められ腰が動くも掴まれ声を出さないように必死に耐えて)~~…ふぅ…  (23:43:56)
文也  >  菜奈のここ綺麗に整ってるね(下着をずらすと割れ目を広げながら舌を動かし舐める)  (23:46:24)
菜奈  >  んん~…(口を押さえて)っ…文…(割れ目を舐められ必死に耐えて)ふぅ~…はぁ…んん~…  (23:47:31)
文也  >  ん?どうした、菜奈…(舐めながら、両手を伸ばして胸を揉み乳首を摘んで引っ張る)我慢できなかったら言うんだよ?  (23:48:55)
菜奈  >  (与えられる快楽に身体は反応して愛液が溢れてきて)…んん~…(乳首を引っ張られ涙を流してしまい)文…  (23:50:15)
文也  >  (舐めていると愛液が口の中に入ってきて吸い付く。吸い付いて密着させて舌を動かし)菜奈?我慢できなかった?(舐めるのをやめ菜奈の顔の横にちんこを持っていき)約束は?  (23:53:47)
菜奈  >  はぁん…んん~…(ちんこが目の前にきて大人しく舌を出して舐めて)ぺちゃ…ちゅぷ…  (23:55:59)
文也  >  まだ舐めてとかいってないのに、自分から舐めるなんて…それが本当に姉のすること?(そう言いながら頭を撫でて髪を整えて)涙流しながら舐めて…ちんこすきなの?  (23:57:48)