母の再婚でできた兄に溺愛され、ある日無理矢理され次の日、兄に部屋に呼ばれ意地悪に調教され感じてしまう

詩織  >  、、舌絡めるのは、、はじめて、、、はぁ、、はぁ、///(唾液が糸をひく、、ゆっくり呼吸して、、、ボタン外され思わず手を掴む)、、、昨日、、みたいなこと、、するの?//  (1:42:02)
和樹  >  舌絡めるのは…?(華さんの言葉にん?とばかりに少し睨んでみせながら掴まれた手を払いのけると、その手は抱きしめるように背中に回すと、慣れたようにブラウス越しながらブラのラインを指先でたどって)するに決まってるじゃん…?(そのまま器用にあっさりとブラのホックを外してしまう)  (1:45:18)
詩織  >  ぃ、、や、、中学のとき、付き合ってた人にされたくらいで、、(睨まれ思わず目をそらす、、ブラはずされ、ドキッとして、、、)華、、はするなんか、、いってなぃよ、、///  (1:48:18)
和樹  >  中学のとき…?ふ~ん…今はカレシとかいないんだよね…?(まだ納得していないような顔をしながらも、華さんに構うことなく再び耳元に息を吹きかけるようにしながら、下から押し上げるようにゆっくりと再び胸を揉みながら)昨日は…痛かったかもしれないけど、今日はちゃんと華も気持ちよくしてあげるよ?(最後に耳たぶを甘噛みしてみせて)  (1:51:25)
詩織  >  い、、いないよ、、、っ、//(耳がビクッとして、、)、、彼氏いるとかいったら?(冗談でいってみる、、)っぁ、、、耳やめて、、(あかくなる、、ブラウスのボタンはずされていく、、  (1:55:52)
和樹  >  (冗談…なのか、本当なのか「彼氏がいるって言ったら?」という華さんの台詞に、強引にブレザーやスカートのポケットを漁って華さんのスマホを取り上げて)どいつ…?(スマホの電話帳やカレンダーを勝手に眺めつつ、華さんを脅すように睨みつけながら、そのままブラウスのボタンを外すと左右に押し広げて)  (2:00:01)
詩織  >  、、なにしてるの、、、や、やめてよ、、、だ、だから、冗談だってば、、(睨まれなんだかこわくなる、、)勝手に携帯みないで、、、(取り上げようと手を伸ばす、、下着が露わにされ、恥ずかしくなる  (2:03:23)
和樹  >  (携帯を取り返そうとする華さんに構わず、さらにLINE、メールとかってに開きながら、すでにホックを外してしまったブラを邪魔そうに押し上げると、露になったピンク色の乳首を口の中に含み、ワザと音を立てるように吸い上げてみせて)  (2:06:17)
詩織  >  やめて、、、みないで、、(優也くん、華がすきな人で、お兄ちゃんにされるまえからすきな人とのLINEを見られたくなくて手を伸ばす、音をたてすわれ、声が出そうになる、身体がビクッと反応する)っ、、、///はずかしぃ  (2:09:50)
和樹  >  華可愛いっ…(びくんっと身体を反応させた華さんに満足そうにくすりと笑うと、華さんの手の届かない場所にいったんスマホを置き、両手で捏ねるかのように直に胸を揉みまわしては、気持ちとは関係なく反応を始めた突起を舌先で周りからなぞってみせては、まるで見せつけるかのように敢えて顔を離すと、真っ赤になった顔をしっかりと上目で見上げたまま舌先で胸の中にぐりぐりと押し込んでみせて)  (2:13:19)
詩織  >  はぁ、、はぁ、、///(可愛いと言われると余計恥ずかしくて、、、)身体、、、あつい、、、、みないで、、(目をそらす  (2:16:09)
和樹  >  華は…俺だけのものだし?(着替えだったり、キャミとかでもバレてしまうような、白い鎖骨のすぐ下に唇を当てると、まるで自分のモノ…とばかりにきつく吸い付き、真っ赤な跡をつけてみせて)  (2:17:59)
詩織  >  え、、や、やめて//!、、、(真っ赤な跡がついてしまう、、)こんなの、、、はずかしい、、  (2:20:47)
和樹  >  何で…?カレシにつけられたって言えばいいだろう?(びっくりしたように大きな声を出した華さんの反応を探るかのように顔を見上げながらも、真っ赤に残ったキスマークを舌先で舐め上げつつ、さらに指先できゅっと乳首を摘まんでみせて)  (2:22:37)
詩織  >  はぁ、はぁ、、//(恥ずかしくなる、、摘まれびっくりして声がでる、、)っあ!、、//(たってしまう  (2:30:54)