性欲旺盛なドスケベフタナリの私をいろんな手段で激しく犯してください

マリア  >  さて…そろそろ可愛い玩具で遊ぼうかしら(深夜、自室にくるよう貴女に連絡し)ふふ…昨日他のメイドとセックスしてるのを見てたし…楽しめそうね(貴女ゎ昨晩、他のメイドとの交尾を隠れて見ていて、それに気付いていた)  (3:42:27)
アリス  >  (ご主人様に呼び出されお部屋へと)ご主人様…し、失礼致します…ん?///(朝から一日中様々な器具を取り付けられて生殺しの状態で、もはや正常な判断もできなくなっていて)  (3:45:19)
マリア  >  いらっしゃいずいぶん苦しそうね?(貴女に近寄り、部屋の中央に連れてくる)貴女、昨日アイと私のセックスしてるところ見てたわね?扉の隙間からこっそりと(背後に立ち、耳元で囁き) イケないのにセックス見ながらオチンポシコシコしてたわねいやらしい…(耳元で囁きながら、貴女のオチンポの先を指先でクリクリ弄り)  (3:49:15)
アリス  >  はぁっはぁっ///申し訳ございませんでした…そのようなつもりでは…(囁かれると背筋がビクッと跳ねて)お願いします…どうにかなってしまいそうで…どうか…んぁぁあっ?///  (3:51:53)
マリア  >  あの娘声も大きいし可愛く鳴くからしょうがないゎね…けど、黙って見てた貴女にゎお仕置きしないと…ガチャガチャッッ(天井から鎖が降りてきて、貴女の両手を拘束し、つま先立ちの状態にさせる) ふふ…(貴女の目の前に立ち、ゆっくり服を脱ぐ…ヒールに網タイツだけ残し、ギンギンに勃起したオチンポと張りのある胸を晒し…)  (3:55:45)
アリス  >  そ、そんな…すみません…なんとお詫びを…へ?こ、これは…ひゃあっ?!ご主人様…?///(淫靡な姿のご主人様に何故かゾクゾクと震えて)  (3:59:27)
マリア  >  ふふ…どこまで我慢出来るかしら?(部屋の棚から液体の入った瓶を取り)トロトロ…ヌチュッヌチュッヌチュッヌチュッ(瓶の中の媚薬を貴女のオチンポに垂らし、ゆっくり手でしごく…貴女の目を見ながら)  (4:02:35)
アリス  >  こ、これは一体…んっ!///っ?!んぁぁあっあっ?!??////////(おちんぽに媚薬ローションかけられ入念に手で塗りたくられると皮膚から染み込んで耐え難いほどの快感が全身を駆け巡る)  (4:06:00)
マリア  >  可愛い反応…クチュッックチュッックチュッックチュッックチュッックチュッックリクリクリクリクリクリ…(片手でしごきながら、片手の指で敏感な先っぽ弄り)レロレロレロレロレロレロ…(乳首の先を舌先で転がし、妖しい目で貴女の目を見続ける)  (4:08:25)
アリス  >  これらめぇぇえええっっっ???乳首も亀頭も溶けちゃうのぉぉおっ??イきたいっ!イかせてくださいっっっ?(顔は緩みきって射精をこうばかりで先っぽから先走りが溢れてきて)  (4:12:11)
マリア  >  ぁぁ…その顔良いわぁふふ…(貴女の蕩け顔を見ながら舌舐めずりし)お汁垂らしちゃって…どうしようかしらコレ(オチンポの裏筋を爪でゆっくり引っ掻き)ハァハァ…(貴女の目を見ながら悪魔のような笑みを浮かばせ)  (4:15:44)