レズイメチャ・お布団の上でぐーたらしてるこちらに、適当に絡んで下さいまし

希美  >  楓…お昼寝?(布団の横にちょこんと腰落として…)  (15:33:50)
楓  >  ん……すー…(お布団の上でうつ伏せにしていたら、いつの間にか軽く寝てしまっていて。隣に座られても、軽い寝息が聞こえるだけで)  (15:34:44)
希美  >  (可愛い寝息が聞こえて…ほんとに寝ちゃってるのかな?と顔を寝顔に近づけて…)ね…寝ちゃってる…?(そのまま頬…唇をつんと当てる)  (15:35:57)
楓  >  ん……んふー……♪(頬に唇が当てられれば、にへーと顔が崩れて。そして寝返りをうちそちらへ体をくっつけて、仰向けになり寝ていて)  (15:37:32)
希美  >  (寝顔にほほえみ浮かべる楓の顔…くすっと笑いながらそっと添い寝しながら腕を身体に巻きつけ…)寝てると…襲っちゃうよぉ…楓…  (15:38:32)
楓  >  ん……(襲っちゃうよぉ、と声が聞こえて。それで微睡んだ意識のまま、目を閉じたまま目を覚まして)ん、す……すー……(そして添い寝されて腕を回されて、何をされてしまうんだろうとドキドキしながら寝たふりをして)  (15:40:26)
希美  >  起きないんだ…(左手…髪を頬からすくってまた頬に唇…身体に回した右手…部屋着越しに腰からお腹…そして胸に滑らせて…)いいんだ…襲っちゃっても…  (15:41:31)
楓  >  ん、ふッ……(左手が右手が、体を撫でるように這い回り。寝たふりをしながらくすぐったそうに体をくねらせるも、胸は破裂しそうなくらいにドキドキとしていて)は、ぅ……(思わず少しだけ声が出て。寝たふり、気付かれた……かなぁ……?)  (15:44:12)
希美  >  ん…(顔浮かせ…覗き込んで…まだ寝息…確かめながら右手…部屋着の上から胸を包んで…)んっ…楓…ブラ付けてないんだ…(手の平…部屋着越しにおしつけてなぞる右手…)  (15:46:01)
楓  >  ん……ふぅー……ッ…………(希美の息づかいを、顔に感じる。きっと覗き込まれているんだろう。それだけでも頬は染まり、しかも胸を包まれなぞられて、腰をくねらせ突起を尖らせていき)  (15:48:30)
希美  >  (覗き込む顔…すこし開いた唇に左手…親指を這わせ…そのあとに唇…重ね触れ合わせて…)キス…しちゃった…(つぶやきながら…右手…胸先端さぐり…)ここ…つんってなってる…  (15:50:55)
楓  >  んッ……!(ちゅ、と唇を重ねられて。びくっとなった体はすぐにふにゃりとなり、突起を転がされてさらにくねらせ)  (15:55:32)