美大に通う私は教授からヌードのモデルを頼まれます。艶を出すためとハケで身体に謎の液体を塗られてデッサンは始まりますが、液体の正体は媚薬で

森 公樹  >  さ、艶を出すためだから我慢してね? (刷毛に媚薬をつけて体全体に塗っていく……) 乳首も…股間も…ちょっと冷たいけど……  (2:29:17)
愛  >  ひっ…ん……大丈夫です……先生は下心なんか無い人ですから…(心から尊敬の念でデッサンモデルとして協力していて…)  (2:30:25)
森 公樹  >  じゃ、照明を当てていくから……(愛にポーズをつけさせて、照明を当てていくと、ほんのりと暖かい光が愛を包んで……愛の敏感な部分が火照ってくる) はい。動かないで!? (ちょっと離れた場所から、愛の様子を窺っている…デッサンをしながら) サラサラサラ……(紙に鉛筆の走る音がする)  (2:32:26)
愛  >  はぁっ…ん……(不思議と身体が火照ってきて…普段は考えもしないような卑猥な妄想も頭を走るようになります)っ…………ぁ…  (2:33:43)
森 公樹  >  サラサラサラサラ……(紙に鉛筆が走る音が、愛の耳穴をくすぐるように聞こえ……) 愛さん…そんなに内股にならないで? もう少し、足を開いて……ん? 乳首がピンと立ってきているね……いいよいいよ……  (2:35:24)
愛  >  脚をっ……お、おまんこ開いちゃう…っ……ぁ……固くなった乳首を…先生が描いてくださる…(薬のせいで興奮は増すばかりで…ついにはぼそぼそと小声で呟き出して)  (2:38:27)
森 公樹  >  ん? (開いた愛の股間に照明が当たり…暖かく、恥ずかしい部分は丸見えになっている…) 愛くん…今、なんて? (愛の開いた足の方へと移動して、股間を覗き込む…) んん…ビラビラが開きかかって…あれ? 愛液が垂れてきているね? ヌードモデルは初めてだっけ? 愛くんは?  (2:40:45)
愛  >  み、見ないでください先生っ!!は、初めてですけど…………(愛液が止まらないほど溢れて…)はぁっ…ん…  (2:42:24)
森 公樹  >  最初は恥ずかしくて濡れちゃう子も多いんだけど……(愛の膝を掴んで股を広げさせ、覗き込んで……) ずいぶん溢れてきているな……太腿の内側まで垂れて……ベチョベチョだ……愛くんはいつもこんなに愛液が出る子なのかい? (ぱっくりと開いたビラビラの間…森は指でさらにワレメを広げると、クリも充血して小豆大の大きさになっていて) クリも大きくなっているね?  (2:45:06)
愛  >  んぁっ……愛は…いけない子です……っ……な、なぜかエッチなことばっかり浮かんで……ひぁっ……せ、先生…今日は中止にしてください…こんなんじゃ…できない……(自分の愚かさに涙しながら…)  (2:46:49)
森 公樹  >  どんなエッチなことを考えているのかな? (ぬるぬるに濡れたワレメの中に森の息がかかる……) それを聞いて絵に反映させよう……せっかくなんだから、中止にはしないよ……女子大生のエッチな妄想……いいテーマじゃないか!? その表情を表現できれば……  (2:48:15)
愛  >  わ、分からないです…とにかく私の身体を描かれてるだけで興奮して…鉛筆の音もくすぐったくて……せ、先生……愛にお仕置きして………(小さく痙攣していて)  (2:49:38)
森 公樹  >  お仕置き? こうかね? (左手の指でビラビラを大きく広げたまま、右手の中指が愛のワレメの中を滑り…クリを撫でまわす) コリコリコリコリコリ……(糸を引いて愛液がさらに垂れていく) 愛くんは…その穴に…何か入れたことはあるのかな?  (2:51:15)
愛  >  んはぁぁぁぁぁッ!!ご、ごめんなさいぃっ……(ついに触られると激しく痙攣して…異常なほどに)な、ないです……何も…………  (2:52:07)
森 公樹  >  でもこんなにお汁を垂らして……クリも大きくしているという事は……オナニーをするんだろ? オナニーをするときのいつものオカズ……どんな妄想をして、クリを弄っているんだ? いってごらん? (左手で乳首を摘まんで) 乳首もこんなに硬くして……スリスリスリスリ…(ワレメの中を中指が動いて)  (2:53:55)