高校生のひなと先生は実は付き合っているが、何人もの生徒と付き合い始めた先生はひなのことを飽きていてしばらく相手をしていなかったが 今日は修学旅行最終日

ひな  >  んっもぅ。。(胸から外してしゃぶり出す)ちゅぱちゅぱ。  (0:14:20)
大輔  >  んんっ?ひな…出ちゃうからもういいよ…っ?(いくのを我慢して)  (0:15:34)
ひな  >  ええ…もうちょっと…??ちゅぱちゅぱ…  (0:18:44)
大輔  >  あっ、だめ…?ほんとに出ちゃうって…?(必死で我慢するが限界を迎えそう)  (0:20:08)
ひな  >  ちゅぱちゅぱ。ちゅぱちゅぱ。…おいひぃよ…()  (0:21:38)
大輔  >  んんっ?ひな、いく、いく…っっ?(お口に入りきらないくらい大量に出して)  (0:24:32)
ひな  >  ぅっ…(ちょっと苦しそうにしながら)ごくん・・・ちゅぱちゅぱ。ぺろぺろ…  (0:25:41)
大輔  >  ひな…ちゃんとゴックンできてえらいね?(嬉しそうに頭を撫でて)  (0:26:08)
ひな  >  うんっ(褒められて嬉しそうに下から見る)  (0:27:04)
大輔  >  今度はひなのことも気持ちよくしたいな…?(割れ目に指を沿わせて)  (0:28:58)
ひな  >  はぅ。。。(急に触られて座り込む)  (0:30:36)
大輔  >  ひな~?(足を開かせ顔を割り込んで)ん、れろれろ…っ?  (0:31:21)
ひな  >  あっ…ぅぅ…はぁはぁだめ…だ…め  (0:33:54)
大輔  >  れろ、くちゅっ?ん、れろぉっ?ひな…気持ちいいでしょ?  (0:34:23)
ひな  >  あっ…きも…ちいい…あぁん…  (0:36:42)