学校一の不良ギャルJkのユウナ 生意気なキモオタ男子にせまられる

隆之  >  うぅ…っ…(こちらを振り返り怒るユウナ、しかし隆之の視線はスカートの中へ注がれ続ける…)ご、ごめんなさい…っ…可愛かったから…つ、つい…  (1:17:04
ユウナ  >  おまえまだ見てんのかよ!いい度胸してるねー?んん?(階段の上か隆之の胸ぐらを掴み顔を近づける)  (1:18:26)
隆之  >  んあぁ…っ…(ユウナは不良ギャルJKだが顔やスタイルはかなりレベルが高い..そんなユウナの顔が目の前に)だ、だってぇ…はぁ…うぅ..  (1:20:48)
ユウナ  >  はぁ?何ビビってるのこいつ!あんたみたいなエロいキモオタはユウナ様がお仕置きしてあげる!(胸ぐらを掴んだらまま女子トイレへ連れ込む)  (1:23:28)
隆之  >  うぅ…そ、そんな…(強引にユウナに女子トイレに連れていかれ一番奥の個室へ入る…隆之の頭の中は先程のユウナのパンチラでいっぱいに)んうぅ…ご、ごめんなさいぃ~  (1:25:27)
ユウナ  >  ごめんじゃねーよ!(トイレのドアを蹴り脅す)この学校誰が仕切ってるのかわかってるー?(蹴った足は上げたまま)  (1:29:07)
隆之  >  ビク…!そ、それは…(蹴り上げたままドアに掛かったままのユウナの太ももにいやらしい視線を送り)…も、もっと…見たい…っ  (1:31:18)
ユウナ  >  あんっ?こんな時に電話が…(スマホを取り話しはじめる)  (1:33:04)
ユウナ  >  (足はそのまま)  (1:34:45)
隆之  >  はぁはぁ…うぅ…(ユウナの太ももに興奮を抑えられない隆之は屈んで再びユウナのパンティを覗き始め…)んはぁ♪ユウナたんのパンティ…♪  (1:36:05)
ユウナ  >  あ、こいつ!(焦って電話を切り足を下ろす) み、見るなってば!(スカートを押さえる)  (1:39:23)
隆之  >  も、もっとぉ…っ♪ユウナたんエッチで可愛いパンティ…♪(興奮してズボンのチャックを開くと中からはビンビンに勃起したチンポが勢い良く飛び出してくる、キモオタ男子の割りに意外過ぎる程大きくユウナの彼氏のモノとは比べ物にならない…ユウナも思わずうっとりしてしまう程…)はぁはぁ…ユ、ユウナたん…♪  (1:42:32)
ユウナ  >  あ…ちょっと何それ…大きい…(チンポを見つめる)少し挑発してやるか…(ニヤニヤしながらまた脚を上げる)ほーれ…  (1:45:32)
隆之  >  う、うわぁ…♪(ユウナが脚を上げるとパンティがチラりと見え)み、見えたぁ…♪(隆之のチンポはピクピクと脈打ち更に大きさを増していく…)ユウナたんのパンティと太ももで…オチンポこんなになっちゃったよぉ…(自分で握り擦り始め)ん…あうぅ…!  (1:48:23)