JSの幼な妻と仮想新婚生活。初夜から始めて、長く付き合えるお嫁さんに出会えたらいいな

秦野芳邦  >  はぁ・・・はぁ・・ふぅ・・・(やがてまんこから肉棒を抜くと、精液と血が入り交ざったピンクの液体が溢れてくる)  (16:51:27)
花岡菜々  >  ぁぁ・・・はあ・・はぁ・・・(シーツをピンクの液体で汚してしまう)  (16:51:59)
秦野芳邦  >  ほら、ぼっとしてちゃだめだよ。セックスが終わったら、旦那様のをきれいにするのがお嫁さんの役目だぞ(パシッと、菜々のお尻をひっぱたく)  (16:53:33)
花岡菜々  >  きゃっ・・は・・はい・・ごめんなさい・・・(血と精子で汚れた旦那様のおちんちんに、おびえながらおそるおそる顔をちかづけ。舌をだして舐めます)・・ぺろ・・・ぺろ・・・  (16:54:45)
秦野芳邦  >  (おまんこから血と精液を垂らしながら、血まみれの肉棒を舐める菜々の姿を満足げに見下ろし)  (16:56:18)
秦野芳邦  >  ほら、きれいになめとるんだぞ  (16:56:31)
花岡菜々  >  ぺろ・・ぺろ・・ん・・・うう・・・(きもちわるくって、顔をちょっとゆがめながら、がんばってなめている)  (16:57:03)
秦野芳邦  >  ううっ・・・気持ちいいな、やっぱり、菜々の口は。(菜々の頬っぺたを軽く叩き)ほら、しゃぶるんだぞ。できるよね?  (16:58:28)
花岡菜々  >  きゃっ・・・(叩かれるとドキドキしてしまう)・・はい・・・れろ・・ぺろ・・かぷ・・ん・・・ん・・れろ・・ぺろ・・  (16:59:38)
秦野芳邦  >  (菜々の口の中で、射精したばかりで敏感になっていた肉棒がまた固く腫れ上がる。その肉棒でまた口の中をかき混ぜながら)ほら、いっぱいつばを出して、舌を絡ませるんだ  (17:01:48)
花岡菜々  >  は・・い・・・んんっ・・・れろ・・ぺろ・・じゅ・・じゅぱ・・(よだれをたらしながら、がんばってなめている)  (17:02:33)
秦野芳邦  >  (菜々の髪の毛を無造作にわしづかみにして、もどかしそうに前後に動かす。まるでおもちゃを扱うよう・・・)ほらほら、もっと吸い付くんだよ。喉の奥まで!  (17:04:20)
花岡菜々  >  あがぁ・・!・・んん・・じゅ・・じゅぱ・・・・(乱暴にされ、涙を流しながら、必死に)・・かはっ・・かはっ・・・  (17:05:44)
秦野芳邦  >  こら、出しちゃだめだって先いっただろ?そんなんでいいお嫁さんになれるかい?ん?(肉棒を吐き出されると、片手で菜々の髪の毛を掴んだまま、もう片方の手でそのやわらかいほっぺたをひっぱたく)  (17:06:59)
花岡菜々  >  ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・(必死に、またくわえこんで)かぷ・・ん・・れろ・・じゅぱ・・じゅぱ・・  (17:07:43)