お父さんがやらかした会社の経費横領について、上司の私が何とか助けたいから相談しましょうと、シティホテルの一室に貴女を呼び出して

中村部長  >  (さらにピストンを速めていく…少女の悶え感じる声がさらに快楽を高めて…)ほら…、おじさんの精液いっぱい出してやるから赤ちゃん出来ちゃえ!はぁはぁ…  (17:18:52)
今森愛夏  >  あっ、だめぇっ…おじさま、だめぇ・・・あんっ、…んっ…ああっ…いやだぁ・・・(突かれているうちに、気持ちよさが勝ってきてしまい)  (17:19:52)
中村部長  >  ほら…愛夏ちゃんも「愛夏の中にいっぱい出してください」って言ってみろ…お父さんのこと助けたいんだろ?(ここにきて現実的な課題を押し付け自分の悦楽の道具に躾けようと…)  (17:20:12)
今森愛夏  >  え?…いやぁ…そんなぁ…(逡巡する小6少女)  (17:20:59)
中村部長  >  ほら、言うんだよ!(さらに腰を振りながら臀部をバシんとたたく、消して痛みではなく追加的な刺激として…)そうしないとお父さんつかまるぞ!  (17:22:19)
今森愛夏  >  あああ…(背後から突かれながら、絶望的な声を漏らし) ま、愛夏の中に…いっぱい出してください…  (17:24:11)
中村部長  >  よし…じゃあ、イクぞ…はぁはぁ…ほ、そら…(一度動きを止めた後大きく中で肉棒をそらすようにはねて…その瞬間小学生の女の子の身体に大量の白い白濁液  (17:27:07)
中村部長  >  が勢いよく…注ぎ込まれる…)  (17:27:22)
今森愛夏  >  あぐうっ!!(最奥まで差し入れられ、幼い赤ちゃん部屋に注ぎ込むようにして大量のセイエキを放たれた瞬間、愛夏も絶頂に達して大きくのけ反ります)  (17:29:11)
中村部長  >  はぁはぁ…す、すごくよかったよ…愛夏…  (17:29:59)
今森愛夏  >  はぁはぁはぁはぁ…(ぐったりとベッドに突っ伏す少女。その押さない膣口からは、中出しの証の白濁がどろりと逆流してきて)  (17:31:00)