男友達におっぱいを弄ばれて…でも敏感な体はものすごく感じちゃいます。 触ってないのにおっぱいだけで下着の中はぬるぬる

悠  >  (やっぱセーター越しの胸だけでもたまんないな…//)ねぇ…亜梨沙…今日ほんとに2人だけ…?  (6:19:47)
亜梨沙  >  そうだってば。どうしたの??(何度も聞かれ不思議に思う)  (6:20:23)
悠  >  いや…だって…もう我慢できないからさ…//(セーターの上から片手で胸を触る)もみっ…  (6:21:57)
亜梨沙  >  えっ…?えっ…?悠くん?!(あまりに予想外の事でびっくりして動けない)  (6:23:02)
悠  >  だって亜梨沙すごい当ててくるから…むにゅむにゅ♪(胸の感触確かめるように手で揉む)  (6:24:42)
亜梨沙  >  当ててなんていないよ…!(無防備な私は全く気づいていなくて)やっ…待って、悠くん?!  (6:25:41)
悠  >  もう無理だから…もっと触らせてよ…(亜梨沙の顔を見ながら両手で服の上から)もみっもみっ…♪(顔  (6:27:21)
亜梨沙  >  えっ…あ。。(胸を揉まれ真っ赤になる)なんで…こんなこといままでしなかったのに…(びっくりしてまだ動けない)  (6:29:14)
悠  >  ほんとはずっと触ってみたかったんだよ…//亜梨沙すごい大きいし…(赤くなる亜梨沙の顔を見て手がやらしくなる)  (6:31:10)
亜梨沙  >  なに言って…やっ…悠くん、ちょっと…(慌てて逃げようと背中を向ける)  (6:32:45)
悠  >  (逃げる亜梨沙の後ろから手を回して)もみっもみっ…亜梨沙のせいだよ…亜梨沙がこんな胸だから…//  (6:34:53)
亜梨沙  >  そんなこと言われても…待って、だめ…(逃げるように窓際へ。今は一人暮らしをしていて誰も使っていない悠くんの部屋が見える)  (6:36:41)
悠  >  (自分の部屋が見える窓際に立たせて、後ろから抱きしめる)こうやって…亜梨沙と窓から顔合わせてたよね…♪  (6:38:54)
亜梨沙  >  そう…だね(抱きしめられて動かないままどうしたらいいのかわからない)  (6:39:46)
a

悠  >  (窓の外を見せながらゆっくり手を伸ばす)むにゅむにゅ…亜梨沙…だめ?  (6:43:09)