ひたすらゆっくり、ゆっくり奥まで突かれると、ほんとにこわれちゃう…

ゆき  >  ゃぁぁ…おなか、いっぱいできもちいよぉ…おく、ぐりってされたら、もういっちゃいそぅ(中でまたどんどんお汁が溢れて来て  (1:44:50)
大輔  >  こっちも…いっちゃいそ…っ??(少し腰を押し付けると同時にどくん、どくんと射精して)ん…あぁ?我慢できなかったあ?  (1:46:09)
ゆき  >  あっだめっ、やぁああ?(奥に出されて、そのまま一緒に果てて)はあっ、はぁ、ぁ…がまんしないで、いっぱいいこぉ?  (1:48:16)
大輔  >  うんっ?いっぱいいく?(ゆっくり前後すると気持ちよすぎていきながら動いちゃう)  (1:49:10)
ゆき  >  あっああっ、やぁ、どくどくしてるよぉ?(なかがこすれて、たまらなくて抱きつきながら)んっんんっああ?きもちぃぃ  (1:51:05)
大輔  >  (抱きつかれると嬉しくて?)もっとお、もっときもちーのする?(胸に顔を埋めて)  (1:51:46)
ゆき  >  ああんっ?おっぱいもいっぱい好きにしていいよ…なか、もっとぬるぬるになっちゃうかも…(時々締め付けて  (1:53:48)
大輔  >  ちゅぅ、ちゅぱ?(甘えるように吸うとぬるぬるが溢れて)ゆき…?だめ、しぼりとられちゃう?  (1:54:50)
ゆき  >  んん…だっておっぱいも弱いの…あっ、ああっ、ゆきのなかで、全部だしきって…(カラダが敏感になりすぎて、目がとろんとうつろになってきて  (1:56:43)
大輔  >  (ゆきの体に指を沿わせてなぞるように触り)きもちいいことだけ…考えよ?すっごいえっちになっちゃお?  (1:57:40)
ゆき  >  やぁあ…どこも、さわられるときもちいの…しんじゃうぐらい気持ちよくなって…えっちにそだてて…(のけぞるように感じて、おっぱいを顔を押しつけるようにして  (1:59:48)
大輔  >  (おっぱいで息が苦しくなりながらも夢中で舐めて)ゆきぃ…ちゅぱっ?ゆきはもうすっごくえっちだよ?(ゆっくり動くと中にせーしが染み込むようで)  (2:01:24)
ゆき  >  はぁぁ、やぁん…はぁっ、ああん…いく、また、いくのぉ、なか、せーしもっと、のませて…(奥までぎゅぅぅっとしまって、大きくはねながらいって)ぁあああっ?  (2:03:24)
大輔  >  (ゆきが体を跳ねさせるのと同時にまたいって)はあ…だめ、しゃせーとまらない?おまんこで…いっぱい味わって…っ??  (2:04:35)