寝取られ願望のある旦那に懇願されて夫以外の男と関係を持ち泥沼にはまってゆく

藤田雅也  >  (縄尻で背中を撫でられて…堪えきれないように腰をくねらせて…耳元に唇を寄せて…)縛るよ…いいね…奥さん…  (10:30:01)
宮田 華  >  はぁんっ…ん、はい…///(縛る、と言う言葉にもまた興奮し…どんどん火照っていく身体)ん、はぁはぁ…///  (10:31:26)
藤田雅也  >  ちゃんと…返事しないとダメですよ…奥さん…ほら…こっち向いて言ってごらん…「スケベな華の肌を縄で、お仕置きしてください…」って…ほら…奥さん…(華の顔にカメラが向けられて…  (10:33:29)
宮田 華  >  んっ…ん///そんなぁ…///(羞恥に泣きそうになりながらも)すべすべな華の肌を…ん、縄で、お仕置き…して、ください///(カメラに向かっておねだり)  (10:34:51)
藤田雅也  >  ふふ…奥さん…ここに…後ろ手にいいね…(床に正座させられて…後ろ手に組んだ華の手首に縄がかけられ…ギュっと締めつけてくる…  (10:36:43)
宮田 華  >  は、はい…///(正座をし、手を後ろにすると、藤田がぎゅっと縛って…自由にならない手がさらに興奮させる)はぁ…ん  (10:38:24)
藤田雅也  >  どうです…奥さん…ほら…すぐに覚えますよ…縄の味を…(手首を縛った縄が首を廻し…二の腕…胸の膨らみを絞り出すように縄がかけられて…緊縛されていく…)  (10:40:33)
宮田 華  >  はぁ…ん///(どんどんと奪われる自由…強調するように縛られた胸に恥ずかしさから顔を背けるも、中心はぷっくり立ち上がり、興奮していることは明らかで)  (10:41:55)
藤田雅也  >  (自由を奪われ…緊縛された身体を床に寝かされて…上から見おろされると…華の中に秘めた被虐の官能が刺激されていく…)思った通りですよ…奥さんには縄が似合いますよ…  (10:43:16)
宮田 華  >  はぁはぁ…///ゃ…ん///(嫌、と言いながらも身体の興奮は抑えられず)そんな、こと…ん//////(胸の中心が立ち上がり、股の間も濡れそぼって)  (10:44:50)
藤田雅也  >  どうです…奥さん…ほら…熱くなって来たでしょう…ほら…奥さん…(横にされた身体に軽く脚を乗せられ…揺らされ…身体を捩らされて…その度に白い肌に縄が食い込んで…  (10:46:47)
宮田 華  >  はぁはぁ…んゃあ///(揺らされるたびに縄が食い込んで…)はぁ、あ…藤田さんっ…触れて、ください…ん///(恥ずかしそうにおねだり)  (10:48:00)
藤田雅也  >  どこに触れて欲しいんです…奥さん…ちゃんと言わないと…わからないですよ…奥さん…(緊縛された身体を慈しむように…焦らすように指と舌が…  (10:48:50)
宮田 華  >  んっ、ぁ…ん…乳首…にっ///(乳首を藤田に向け…興奮からか涙目になった顔で)  (10:50:20)
藤田雅也  >  乳首をどんな風に触って欲しんです…奥さん…ほら…こっち向いて言うんですよ…(カメラを剥けながら…乳輪を爪で…  (10:51:52)