仕事始めの前に会社の事務所にいた貴女は柏と槙原に襲われ全裸で後ろ手に縛られM字に足を縛られた。柏に呼び出された夫も柏と槙原に殴られ椅子に縛られ猿ぐつわをされるはめに

大沢真理子  >  おねがいいいいい  (23:29:45)
柏 和正  >  (タバコに火を付けて貴女の様子を眺める柏)槙原っ…お前も吸うか?(人事のように槙原にタバコを渡し火をつけてやる)  (23:31:04)
大沢真理子  >  かゆいいいい。かゆいのよ。おかしくなりそうなの  (23:32:07)
柏 和正  >  奥さん…ウンチでもして…辛子を出さなきゃ…その辛さ収まらないぜっ…(外で車の止まる音が聞こえて来た)おっ…(立ち上がり駐車場を見る柏)奥さん…社長が来たみたいだぜっ!  (23:34:21)
大沢真理子  >  いやああ。解いて。見つかっちゃう(柏の精液が、どろっと垂れてきて………)  (23:35:47)
柏 和正  >  (貴女の身体を入り口へと向ける槙原)社長っ…びっくりするたろうなっ!  (23:38:16)
大沢真理子  >  やめて、お願い。(肛門から辛子が出始めて……… 精子と重なり合って……)…………解いてええええ  (23:39:27)
柏 和正  >  (入り口の物陰に柏と槙原が隠れると同じくしてご主人が事務所へと入って来る)なっ…真理子っ!(助けようと近づいて来るとご主人は柏と槙原に捕まり椅子に縛られ猿ぐつわまでされてしまう)  (23:41:09)
大沢真理子  >  貴方!大丈夫?解いて。もう、お願い。  (23:42:47)
柏 和正  >  (貴女の目の前で身体よじり縄を解こうとするご主人の視線が貴女の股間へと向けられる)  (23:45:14)
大沢真理子  >  貴方。見ないで。見ちゃダメぇ(さらに精子が垂れて………)  (23:46:20)
柏 和正  >  (ご主人の肩に手を置く柏)社長っ…奥さんのマンコ…見てよいみなっ…さっき俺とこいつで…タップリと精液を流し込んでやったからなっ…  (23:46:37)
大沢真理子  >  言わないでええええ。貴方。。。。(涙目で訴えるも、さらに溢れ出て………)  (23:47:52)
柏 和正  >  (ご主人の前にしゃがみ込んで自慢げに話しかける槙原)社長っ…さっき奥さん…俺達のチンポを入れてって…言ってさぁ…凄いスケベなんだねぇ…ほらっ…奥さんのマンコにまた入りたくて…俺のチンポギンギンだよっ!  (23:48:57)
大沢真理子  >  ううううううう。貴方、信じて。貴方だけなの  (23:50:49)