彼の家に忘れ物を届けに行くと彼はいなくて彼の兄の貴方に言葉巧みに部屋につれていかれ

有坂 流星  >  (弟は出かけ、家に一人で暇をしていると弟の彼女の物だと思われる忘れ物を見つけ) あれ? これ由理ちゃんのかな。。。  (21:03:38)
由理  >  (テストが近いのに教科書わすれた、と思い、彼の家にもどることに。チャイムならして)ピンポン  (21:06:49)
有坂 流星  >  はーい! (チャイムが鳴りドアを開け)由理ちゃん? 忘れ物でしょ? 俺の部屋にあるから持って帰りなよ (と、制服姿の由理ちゃんの身体をみつめ)  (21:08:15)
由理  >  ぁ、、え、はい、//(ニコッとした優しそうなお兄さんがでてきてびっくりして、)ありがとうございます、、すいません、(兄の背中について歩き部屋に連れて行かれ  (21:11:13)
有坂 流星  >  ベッドの上に置いてある教科書だよね?テスト近いから教科書ないと勉強できないもんね? (と、背後に回り抱きしめ内腿やブラウスの上から乳房も揉み始め) 弟とエッチなことしてるんだろ?  (21:13:01)
由理  >  (なんでベットに、と思いながら、教科書をとる、、抱きしめ触られびっくりして抵抗する)え、、、ちょっと、、なにしてるんですか?  (21:15:25)
有坂 流星  >  返してほしいよね? (ブラウスのボタンを外し中に手を入れると、こねるように乳房を揉み、スカートの中に手を入れると焦らすように割れ目を擦り) 弟には内緒にしててやるからな? いいよな?  (21:17:24)
由理  >  っ、///、、や、、やめてください、、(足をぎゅっと閉じ触られる手を必死につかみ抵抗する、、、  (21:18:59)
有坂 流星  >  (抵抗されるとベッドに押し倒し、スカートをめくりあげ下着を脱がし足を広げる) 早く終わらせないと弟帰ってくるぞ!こんなとこ見られたら別れるしかないよな? (股間に顔を埋め唾液で割れ目を濡らし、指でクリを擦っていく)  (21:20:54)
由理  >  きゃ!//(広げられ恥ずかしくて、、)やだ、、やらない、、、はぁ、、はぁ、(刺激され身体があつくなる、怖くて涙目になる  (21:22:34)
有坂 流星  >  やらないんじゃなくて、ヤラれるの? 分かった? (モノを出して割れ目にあてがうと一気に挿入し、奥を突き上げていく) お! 締まる・・・。 こりゃいいマンコだ。 弟よりデカいだろ?  (21:24:09)
由理  >  はぁ、、はぁ、、///(こわくて首を横に降る)やだ、、、いたい、、ぁああ!(奥にはいってきてびっくりして足首揺らす、大きくてはいんない  (21:27:05)
有坂 流星  >  ヤバッ! めっちゃ締まる・・・ あ、ヤベッ、やべぇよ。。。 (激しく腰を振りながらブラをめくりあげ乳房をもみながらそのまま中に出し。) 気持ちよすぎて中に出しちゃったやんか。 搾りだすからもっとヤラせろよ (と、奥を突き続ける)  (21:29:23)
由理  >  はぁ、、はぁ、、やめて、、、//(激しくてびっくりして、中に流れていくのがわかるこわくなる、、)泣、、ぅ、ぅ、、、(また奥に突き上げられ身体がはねる、泣いてしまうが身体は締め付ける  (21:32:25)