貴女は清楚な美人妻。しかし信号無視で歩いていた私と接触事故を起こしてしまい少しでも夫の罪を軽くしようと世話をするうちに要求はだんだんエスカレート

松本沙織  >  ああああっっっっーーー…(主人にもされたことのないアナルへの愛撫…それだけでも変になってしまいそうになって) 正人さん…はぁぁぁん…そんなに掻き回されたら…(全ての性感を剥き出しにされてしまった身体は快感の頂きに向かい始めます)   (1:30:02)
田中正人  >  (ポタポタと愛液の溜まりが出来るほど床に滴り愛液が顔にかかるのも構わず飛び散り出し)旦那さん以外の男にされていっちゃう気分はどうですか?(真っ赤になって熱くなってる膣にぺニスを当てて)さあ、沙織さん…お尻を後ろに下げて…最初は自分で挿入するんですよ…沙織さんのオマンコ…ちんぽを欲しがってひくひくしてますよ……(言いながらお尻の穴にも指を当てて弄りだす)  (1:33:08)
松本沙織  >  そんな…恥かしいこと…(そう言いながらも、ゆっくりと腰を後ろに動かし) ううっっ…入る…(巨大なペニスを半分ほど咥え込んだオマンコの中は厭らしく蠢いて) だめっ…お尻…入れちゃ…ああああっっっっ…広がっちゃうーーー  (1:38:28)
田中正人  >  (膣にぺニスを押し込むと一気に子宮までカリ首の太い部分で膣壁を押し広げながら子宮を何回も突いて一気に入口まで抜いてまた奥に…沙織さんの恥ずかしい声に合わせて腰を振りながらお尻の穴に人指し指を根本まで…)こうして二つの穴を交互に突いてあげますね…沙織さんもお尻をもっと突き出して、沙織のオマンコいかがですかくらい言ってくださいよ…旦那さんよりいいんでしょ?  (1:40:10)
松本沙織  >  (与え続けられる深い快感は、僅かに残った理性までも蝕んていき) はぁぁぁっっっ…お尻が熱い…変なの…気持良いのーーー (恥かしいくらいお尻を突き出しながら) 正人さん…沙織の…沙織のオマンコ…気持いいですか?  (1:44:51)
田中正人  >  ダメなら止めちゃいましょうね…(突然、指もぺニスも動きを止めて焦らすように…)どうして欲しいか沙織さんからいってくださいよ…(ゆっくりとお尻の指を抜くとお尻の穴の周りのシワが拡がるのがよく見える)手が治るまで毎日してくれますか?  (1:46:20)
松本沙織  >  します…しますから…お願い…逝かせて…(今朝までの清楚な私の姿は無くなってしまっていて…おねだりするようにお尻を振ります)   (1:48:38)
田中正人  >  突き上げてあげますよ。…(膣とお尻の穴を交互に突いて)沙織さんのオマンコもお尻の穴も気持ちいいですよ…最高です…(激しくぺニスを打ち込む)  (1:49:29)
松本沙織  >  ああああっっっ…逝くっ…逝っちゃうーーーーー (身体をガクガク震わせながら絶頂を迎えますが、雅人さんのペニスは責め続けて) また…また逝っちゃうーーーー(絶頂と同時に夥しいお潮を噴き出してしまいます)  (1:52:05)
田中正人  >  中に…中に出しますよ…ううっ、うっ…(子宮に精液を吹き出しぐいぐい押し込むと愛液はぺニスの膣の間から溢れ何度も沙織さんを後ろから犯す…)  (1:53:54)
松本沙織  >  いい…いいの…いっぱい…中に出してーーーー(痙攣を続ける腰を抑えつけながら打ち続ける凶器のようなペニス…もう主人では感じることが出来ない身体に変えて行かれます)  (1:56:05)
田中正人  >  沙織さん…何でもしてくれるんでしょ?旦那さんにもしたことのないお掃除フェラしてくださいよ  (1:56:43)
松本沙織  >  あああっっっっっ…(愛液と精液で厭らしく光るペニスを咥え、綺麗に舐め上げ咥え込みます)  (1:58:11)