酔って寝てしまった彼氏の横で俺様な感じの自意識過剰な人に口説かれ落ちていく

相沢ひとみ  >  ンッンッンッ(唇を噛み声を抑えて)我慢する指噛んでるから  (23:35:23)
早坂 旬  >  ダメ(意地悪するように腕を掴んでわざと声を我慢させないように、滑らかに腰を動かすと入り口まで引き抜き奥まで…繰り返し…)ひとみは何で君づけ?  (23:36:50)
相沢ひとみ  >  ンッンアッ(声が出る)だって……声でちゃうもん指……噛ませて…………だって……ずっと旬君って呼んでたから……  (23:38:36)
早坂 旬  >  (引き抜くとひとみの汁と先から溢れる我慢汁がひとみの尻をつたって)名前呼んで…そーやって喘ぎながら…  (23:39:54)
相沢ひとみ  >  ンッ……抜いちゃうの?……旬……旬……  (23:41:38)
早坂 旬  >  (また奥まで…)ぐちゅ…ひとみ気持ち?(喘ぐひとみの顔を見下ろして)  (23:42:44)
相沢ひとみ  >  ンッンアッアッ…ヤッアッアッアン……旬……旬気持ちいいよぉ……  (23:44:25)
早坂 旬  >  (卑猥な音を立てながら何度もひとみの奥を突き)はぁ…はぁ…ひとみ…ひとみの奥すっごい濡れてる…いつもこん濡らしてんの?  (23:46:00)
相沢ひとみ  >  ンッンアッ……いつもはこんなんじゃないもん。翼としててこんな風になったことないし……信じられない?  (23:47:16)
早坂 旬  >  はぁ…はぁ…本当に…?奥からすっごい溢れててお漏らししてるみたいだよ(抱き締めて被さりながら)でも入り口はきっつくて気持ち…ちゅ…  (23:48:38)
相沢ひとみ  >  ンッチュ……旬だからだよ……。信じてくれないの?(泣きそうな顔をする)  (23:50:19)
早坂 旬  >  はぁはぁ…ひとみ好きだよ…可愛い…それに相性もいいみたい(笑いながら)  (23:51:11)
相沢ひとみ  >  ンッンアッ…………もう他の子としちゃっやだからね  (23:52:45)
早坂 旬  >  じゃあ、ひとみも俺専用だよ…?  (23:53:24)
相沢ひとみ  >  ……ほっとかれたら……他のところいっちゃうかも……(やきもち焼いてほしくてワザという)  (23:55:00)