爆乳デカ尻+くびれた腰のセクシーなMの人妻…こんな私を油断させた隙に挿入!強引に何度も何度も連続中出し「腰が止まらないよ~?」ってオナホみたいに扱っちゃう

柳瀬真紀  >  ひぃい…っ嘘、こんなっああくっ…!(抵抗しようにも頭がまだ覚めきっておらず、問答無用で浸入してくる祐樹の肉棒にされるがままの真紀…相手が普段と違い酔っている事にもまだ気付かない様子で…)  (0:31:42)
高梨祐樹  >  あー…たまんない…この吸い付きぃ…(膝を抑えるとガニ股のおまんこを眺めズッズッと腰を動かし?)ほーらほらオチンポ美味しいんだろ?ん?(暗闇の中で探りながら…クリトリスをなぞり上げては突き上げ…なぞり上げては突き上げを繰り返し)  (0:34:41)
柳瀬真紀  >  あっあう!ゆ、祐樹君でしょ?どうしてこんなぁ…ああ!(暗闇の為確信は持てないが、兎に角止めさせなければと思う真紀だったが…)んあああっ!ダメェッ?!(開脚させられクリトリスを弄られ…さらには性感帯である子宮口をズンズンと刺激され始めてしまっては堪らず喘いでしまう)  (0:37:17)
高梨祐樹  >  へ?だぁれですかぁ?おまんこさんが喋ったぁ?(ふわふわしながらも夢かと思い)ほーらここをズコズコされるとそんな声が出るのかな??(腰を掴むと裏返った声を聞きながらズッズッと子宮口を突き上げて玩び?)  (0:40:33)
柳瀬真紀  >  祐樹く…っああああ?止めてっ、そこダメなのぉ!ぬ、抜いてえええ!!(祐樹のいつもと違う雰囲気をようやく感じ取る真紀。そんな事よりも意地悪く何度も子宮口を突き上げられてしまって、言葉とは裏腹に徐々に膣内もほぐれてしまってくる…)  (0:44:20)
高梨祐樹  >  ダメなのか?おまんこちゃん…ほら楽しもうよぉ…発情したんでしょ??(クリトリスを親指でずりずりしごきながらヌチュヌチュと応えるように湿ってきた膣肉ににやけながら)オチンポ美味しいでしょ?ほーらほらっズボッズボッズボッ(わざと引き抜いては奥まで突っ込み)  (0:47:06)
柳瀬真紀  >  あんっあっあひ…!だめっ?こ、こんな事…でっ?!(容赦の無い祐樹の責めに、情けなく腰を上下させてしまって…)ダメダメダメっ…イきそうになっ、ちゃうっう~~!  (0:49:58)
高梨祐樹  >  イッちゃうのかなぁ?ん?(にやつきながら)ほーら楽しんだ方が良いんじゃない?なーんて…(足を上げさせるとV字開脚させながら膣奥を御構い無しのピストンし)ぉっぉっ…出るでる出るっ?  (0:51:54)
柳瀬真紀  >  ああああそれだめぇぇ~~っ?!!(V字に開脚させられた状態でおちんぽの子宮口キスをくらい、堪らず絶頂してしまう真紀)はぁーっはぁーっ….え?ゆ、祐樹君出るって!?そ、それはダメ、やめてダメェッ!!  (0:54:21)
高梨祐樹  >  オナホなんだから?ザーメンごっくんがお仕事でしょっ?ンッンッ?(カチカチの亀頭がビクビクと子宮口にお辞儀するとどばぁっと熱い若チンポから粘っこいザー汁が真紀の子宮を汚し?)  (0:56:49)
柳瀬真紀  >  ぃやあああーーーっ!!(イッたばかりのおまんこに、若くて濃厚なザーメンが無責任に放たれるのが分かる…)あっ、らっ、らめっ…中に…飲まされてるっ…(ビクつく肉棒からドンドン流し込まれて…)  (0:59:11)
高梨祐樹  >  さいこぉ?(にやつきながら脚から手をなぞらせると肉厚なデカパイを掴み)しかもデカパイなんだぁ…オナホちゃん?(パジャマをめくり上げると暗がりの中でもビンビンに勃起した乳首をつまみあげ)おかわり欲しいよねぇ??(ムクムクとまたすぐに膣内で反り返る肉棒?)  (1:01:50)
柳瀬真紀  >  オ、オナホなんて…そんなっ…!(息を切らしながら否定しようとするも、乳首を摘まれさらにおかわりと言われ…)っっ…ほ、欲しくなんかないっ…(旦那とはずっとレスだった事もあり一瞬キュンっと膣内を締めてしまう…がスグに理性を働かせ腰を引いて逃げようとする真紀)  (1:05:25)
高梨祐樹  >  ん?待って…ほらっ(横這いに逃げようとした真紀にズボッと横ハメしながら?)まだザーメンはタップリ残ってますよぉ??(汗ばんだうなじを舐め上げるとそのままズコズコと突き上げ)  (1:08:05)