指を鳴らすだけで催眠をかけられる変態男は街中に繰り出すと、歩いている気に入った女性へと催眠をかけて 貞操観念0の相手へ変態プレイや精液を注ぎ込んで、肉便器やマゾビッチな性処理奴隷へと堕としていく

♂  >  【最初の女を催眠で犯してから1ヶ月、変態の中年男は今日も獲物となる女性を探しにとあるマンションへと訪れ、前から狙っていた主婦が住んでいる部屋の前に着くとチャイムをならして訪問販売員だと名乗り貴女が扉を開けて自分の目の前に現れるのを待っていて】  (3:59:
♀  >  はーい、開けるのが遅れてすみませんっ。こんにちは。(チャイムが鳴り慌てて玄関へ行き、相手を伺うと訪問販売員だということに安心して遅れたことを謝りながら、にこりと微笑みながら挨拶をする。室内と言うことで薄手の胸元の開いたホワイトのニットに短めのスカートという格好で相手を警戒する様子もなく話を聞こうとして。)  (4:03:44)
♂  >  実はですね…貴女には私の性処理肉便器として1日、お相手して貰いたくてですね?旦那さんが今日は居ないのは調べておきましたから心置きなく出来る筈ですよ【男は手慣れた様に目の前の貴女に催眠を掛けると自宅へと上がり込んで、玄関の前ですぐにズボンと下着を脱ぎ捨てると人妻の貴女へ太く既に勃起したちんぽを露出して見せつけると部屋に案内する様に命令して】  (4:07:35)
♀  >  えっ、えっと……。分かりましたぁ。私で良いんだったらいくらでも性処理肉便器のお仕事させて欲しいですー?ふふっ、そんなことまで…!それなら気にせずに楽しめそうですねぇ、この太いおちんぽと?どうぞー?(相手の手馴れた催眠に不思議に思う隙すらなく性格も後押ししてか直様催眠状態となり、恥ずかしい台詞をすらすらと話している最中もチラチラと下着を脱ぎさられ露出した大きなちんぽをうっとりとした瞳で見る。嬉しそに小走りで広い部屋へと招き入れ男性と下半身を期待した顔で見つめて。)  (4:12:26)
♂  >  いやいや、とてもスケベで肉便器として興奮出来そうな女性がいたんで色々と調べさせて貰いましたよ?梓さん…最近、旦那さんともご無沙汰でちんぽに飢えてると思ったんで今日は梓さんのスケベな言葉聞かせて貰いますよ?【男はリビングに着くと貴女を抱き締めて唇へ舌を絡める様な濃厚なキスをしながら豊満な乳房を揉みながらリビングに置いてあった貴女の買い物袋からキュウリを取り出すとパンティの上からおまんこへキュウリを押し当ててみて、既に催眠に堕ちた人妻の事は前々から入念に調べていた様で】  (4:20:40)
♀  >  そんな褒めて頂けて嬉しいです?本当に何でも知ってるんですねー、びっくりしました。そうなんです…っ、あの人いつも淡泊で回数も少ないし一人でばっかりシてるんです?はいっ、頑張ってスケベ言葉で喜んでもらいたいです?んん、っ?ぁっ!あぁん?んっ、そんなっ?キュウリなんてぇっ…?ツブツブがおまんことクリにあたって…?ひゃぁ、あんっ!ああっ?(自らも相手の背中に腕を回し口内に舌を入れて絡め合い音を立てながら激しいキスをしつつ、男性の言葉にそんなことまで…と驚いた様子で頷き不満そうに肯定する。かなりの爆乳をこね回され久しぶりの快感に喘いでいると置いてあった袋からキュウリを清楚な下着の上から当てられ、背中を仰け反らせて愛液をじっとりと滲ませ、クリトリスもぷっくりと膨れ嫌がる言葉とは裏腹に自分から腰をキュウリに押し付けて。)  (4:28:42)
♂  >  私もそんな欲求不満だらけのドスケベな梓さんに満足してもらえる様に頑張らせて貰いますね。ああ、、キュウリ擦り付けて梓さんのマンコ汁がパンティ濡らしちゃってますよ?服の下はこんなに素晴らしいエロい身体を持ってるんですね…私のちんぽも触ってみたら分かるでしょ、とっても興奮しちゃってますよ。【男は手慣れた手つきで貴女の服を脱がせると既に愛液でシミを作ったパンティをずらすとおまんこへとキュウリを挿入してみて、男はキュウリでおまんこを責めながらブラを外してその豊満な乳房を揉みながら舌を絡めて音を立てながらキスをして二人の唇からは混ざりあった唾液が垂れて、男は貴女に太く勃起したちんぽを握らせて扱かせてみて】  (4:35:26)
♀  >  あん、んっ?嬉しいですっ?んっ?本当だ…おマンコ汁いっぱい出しちゃう淫乱主婦でごめんなさいー…?激しいです…っ、あっ?凄い。熱くてぶっとくて…?最高ですっ。は、あぁぁっ?あっ!ぁんっ、ああっ?キュウリまんこにズボズボ気持ちいいですぅ?(今まで咥え込んだことのないキュウリの感触に膣内はきゅん?とびくつきイボが擦れれば大きく声を上げて、男性のおまんこへの容赦ない責めに恍惚とした表情で床に愛液を零して。激しいキスを続けながら僅かに笑いかけ、口付けの合間におちんぽの感想をはぁはぁと息荒く告げて小さな手で大きなちんぽを握らされたまま、いやらしい手つきで自然と上下に扱き上げ物欲しげに指でなぞる。)  (4:43:17)
♂  >  大好きですよ?スケベで淫乱な主婦の梓さん…どうです?変態な私の自慢のちんぽは…あとでまんこの中に突っ込んでたっぷりザーメン注ぎ込んであげますからね?【男はちんぽを扱く貴女の指先とテクニックに声を出すも快楽を我慢しながらキュウリを激しく膣内を抜き差ししてみて、男は濃厚で激しいキスを続けながら既にビンビンに尖り立った乳首を指先で摘まんでコリコリと転がしてみて変態な男と淫乱主婦はお互いの性器をリビングで触りあっていて】  (4:47:43)
♀  >  あっあぁ!ぁん?私もこんなに大きいおちんぽのあなたが大好きですっ?んん!んあぁっ?あっぁ?あぁ、あん!全然主人と違う大きくて太くて…?凄いおちんぽですねぇ…っ?んっ?はぁいっ?肉便器まんこにいっぱい、おちんぽザーメンくださいっ?あぁっ、キュウリでイきます…!ああぁあっ?(男性の言葉通り、服を脱がせられ何も纏うことなく大きな胸元とおまんこを隠さずに披露するスケべな身体の主婦の姿で、変わらずちんぽを何往復もこすりあげ先端も人差し指で何度かつんと触り反応するちんぽにも嬉しげで。男性のキスのテクニックや激しさを増すキュウリの動きに最早うっとり瞳を細めて絶頂する寸前のところで、敏感な勃起した乳首への刺激と男性の注ぎ込むという言葉に膣内のキュウリを締め付けちんぽを片手で握ったまま軽い絶頂に達して。)  (4:55:30)