ひとけのない遊園地に突如現れたお化け屋敷、それは全裸で真っ暗闇の中を歩くというルールでした。スタッフのあなたは次々とエッチな仕掛けをしてきて

スタッフ  >  (貴女がお化け屋敷に入ると、中は薄暗くなんとか通路が見えるという感じで…。入って早々に何かスモークの様な物が吹き付けられ、それには媚薬に似た作用がある為少し感じやすくなってしまうだろうか…。)  (1:26:59)
優花  >  な、なんか変な匂い…!ごほっ…ごほ!(咳き込みながらも手探りで進んでいきます…)なんで全裸じゃないといけないの…は、早く出ないと……  (1:28:05)
スタッフ  >  (暫く歩いていくと、足元に何かスイッチの様な物があり。もし踏んでしまったのなら、結び目のあるロープが股を通す様にして上へと上がってしまい…。歩く度に結び目が秘部へと当たってしまう事で…。)  (1:30:06)
優花  >  きゃっ!な、何……?(機会が動く音だけが響きます…しばらくすると媚薬の浸透したおまんこに違和感が…)んあぁぁんッ!止めてぇっ!ん、んっ!あんっ!!誰かぁぁぁ…………(跨ぐこともできずに、痙攣しながら進んでいきます)  (1:31:58)
スタッフ  >  (ロープに愛液を塗りながら歩いていけば、少し狭い、人1人がやっと通れるほどの通路にあたり…。そこを通っていけば、中程で左右から肉棒が何本も突き出されて…。)  (1:34:35)
優花  >  ひぁ……はぁ……な、なにこれ……(あまりの後継に思わず立ち止まります)どういうこと…………  (1:35:27)
スタッフ  >  (前に行こうにも、後ろに下がろうにも、左右から突き出された肉棒に触れざるをえない状況で…。触れれば、先走りが肌についてしまうだろうか…。)  (1:37:26)
優花  >  ぁっ…き、汚いっ…ん……(ヒンヤリとした感覚を腰や肩に受けながら進んでいきます…)  (1:38:28)
スタッフ  >  (暫く歩けば、今度は上から二本の何かが降ろされ…。その先端は手の様な物が付いており、胸へと当たれば胸を揉みしだいてしまい…。)  (1:43:53)
優花  >  んああぁぁぁんッ!お、おっぱいダメぇっ…あ…いつもより気持ちいいっ…かも………  (1:45:51)
スタッフ  >  (足が止まってしまったなら、下からバイブが現れ…。その上に降ろしてしまおうと…。)  (1:49:51)