日曜の夜は超暇なオフィス街にあるコンビニ。金銭的に困ってるあなたは、深夜のシフトに優先的に入れてもらっている。そんな折、店長から提案が…、触らせてくれたらボーナス出すよって

篠山ゆうな  >  んん…だめっですって…ぅ…ああ…店長…ああ…だめっ…はぁはぁはぁ…そんな…ぅ…ああ……かたくなる…店長…(少し誘うような表情になって…)  (3:09:57)
石田仁  >  気持ちいい?ん?・・・(表情に妖艶さが増して変わってきたゆうな・・)ほら・・キスしようか・・・(そう言うと唇を重ねて・・)ちゅちゅちゅ・・れろれろ・・  (3:12:20)
篠山ゆうな  >  んん…ちゅるっんはっぅ…ああ……レロレロっぅ…はぁはぁ…ああ……きもちいい…  (3:13:00)
石田仁  >  なんか、こういうのってスリル有って興奮するね・・れろれろねちゃねちゃ・・・(キスをしながら前を肌蹴ると振り向かせて乳首にしゃぶりつく・・)ちゅばちゅば・・れろれろれろ・・これは?・・  (3:14:38)
篠山ゆうな  >  んはっぅ…ああ…店長…こんなとこで…ぁ…ぁ…ぁ…(あっという間にかたくなる乳首…きもちよかそうに目を閉じる…)  (3:15:39)
石田仁  >  いいじゃん・・今日なんか誰も来ないし・・・こりこりこり・・・(乳首を噛みながらタイトスカートずり上げる・・)  (3:16:50)
篠山ゆうな  >  ああ……そんな…ぁ…店長…んん…んん…(スカートを捲られると自分から足を開いてしまう…)  (3:17:32)
石田仁  >  久しぶりなんだよね俺・・・妻とはレスでさあ・・・(そう言いながら股に手を入れるとショーツにグイッと突っ込んで中指でクリを・・)ぐりぐりぬちゅぬちゅ・・  (3:19:34)
篠山ゆうな  >  んんっぅ…ぁ…ああ…そこは…ぁ…私も…もう全然っぅ…ぁ…(クリを触られるとカウンターに…後ろ手をついてビクビクしてしまう…  (3:20:28)
石田仁  >  もう妻ではやる気でなくてさ・・・(クリを皮ごと摘まむと・・剥くように擦り始める・・)くちゅくちゅ・・・くいくい・・・こんなにしたくなるのも久々だよ・・・  (3:23:03)
篠山ゆうな  >  ああぅ…んんっぅ…ぁ…ぁ…店長…だめっ…だめっ…ぁ…ぁ…(背中反らし太ももをヒクヒクさせ…クリをかたくしていく  (3:24:10)
石田仁  >  クンニしていい?・・・くちゅくちゅ・・・(ヌルヌルのクリを転がしながら・・返事を聞く間もなくショーツを下ろしていく)  (3:25:59)
篠山ゆうな  >  んはああ…だめっぇぇ…ぁ…ぁ…はぁはぁ…ぁ…(店長がしゃがみ…ショーツを下ろす…もうぬるぬるしたクリ…舐めてほしくてヒクヒクしてる…  (3:27:33)
石田仁  >  だめかい?ん?・・(言葉ではダメって言葉を受け入れながらのカウンタに押し付けて片足を自分の肩にかつぐと割れ目に舌を・・)ねちゃねちゃぬちゃぬちゃ・・・  (3:30:00)
篠山ゆうな  >  んんっぅ…ぅ…ぅ…ぁ…ぁ…ぅ…ぅ…(舌が這い出すと声が出ないほど快感か走る…腰が卑猥に動き出す…)  (3:31:21)