裏の世界とも繋がっている貴方は子供の授業参観で目をつけた美人教師の麻由子を姦計に陥れ、自分の経営するラブホに連れ込む

水原麻由子  >  (黒髪のロングヘアを女教師らしい清楚なシニヨンにまとめた麻由子…上品な白のブラウスにネイビーのスーツスカート姿は、麻由子のスタイリッシュな肢体を浮かび上がらせています。上品な装いをしている麻由子ですが、実は最も敏感な箇所に恥しい玩具を充てられて..貴方を切なげに見つめながら…)こんなことっ、もう…いやですから…  (22:59:32)
高須岳人  >  何言ってるんだ、麻由子はもう私の牝犬になったんだこれから毎日躾けて立派な美牝になってもらわないとな。ヴヴvッヴvvvvッヴvvvッヴvvvvvvッヴvッヴヴvvッヴウヴヴv。。。(ローターのスイッチを入れるとおまんこの中で震えだす)学校ではばれなかったかい?  (23:02:33)
水原麻由子  >  (麻由子はローターのスイッチを入れられて、体をピクンと震わせてしまいます)あっ、あっ ううっ、いやですぅ…お願いですから…こんなこと (身体をくの字に歪ませて…)いやっ…お願いですから…止めてください  (23:04:43)
高須岳人  >  止めて欲しいのかい?ならこっちにきなさい、ここまでちゃんと来れたらご褒美に止めてあげよう。ヴヴvvvvッヴvッヴウv・・・っヴっヴvvvvvvvっヴヴvっヴv・・vvvvvvッヴウvvッヴウvvッヴッヴウ・・・(さらにローターの強さをあげる)  (23:06:25)
水原麻由子  >  いっ、いやぁあっん (スタイリッシュな肢体を震わせて…)いっいやですぅ…(貴方を切なげに見つめて…)  (23:07:46)
高須岳人  >  ほらどうした?犬みたいに這いつくばって来てもいいんだぞ?ッヴッヴvvvvッヴッヴヴヴヴvvvvッヴヴッヴ。。。ヴヴvvvvvvっヴvっヴうっヴヴヴヴヴヴv…(麻由子の感じる姿を見てほくそ笑んでいる)  (23:09:04)
水原麻由子  >  ああっぁつん (と体を震わせて、その場にしゃがみこんでしまう麻由子…)お願いっ…とめてください  (23:10:50)
高須岳人  >  言っただろう?ちゃんとこっちにこれたらだ。それとも1日中つけて麻由子のおまんこはローターが病みつきになっちゃったのかい?ヴうヴvッヴヴvvッヴvvッヴッヴvッヴウッヴヴv・・・  (23:12:21)
水原麻由子  >  いっ、嫌ぁあ お願い…(その場にしゃがみ込み、身体を震わせながら…その美貌を宙に向けて甘い声を漏らしてしまいます) お願いっ…いっ、いやですっぅ  (23:14:04)
高須岳人  >  しょうがない仔だ、じゃあそれはそのままだな。(そいうと麻由子に近づき体を広げると体をまさぐり始める)ぎゅ。。むにゅ。。。ぎゅむ。。。もみもみもみっ。。  (23:15:36)
水原麻由子  >  (あなたに体を弄られて….)いやっ、もう許してください (と麻由子は両手で自分の手で身体をかばいますが。。)  (23:18:27)
高須岳人  >  全然力が入ってないぞ。そんな事言ってても快楽の我慢をするので限界なんだろう?する。。。ぬちゅ。。。ぐちゅ。。。ぬちゅぬちゅぬちゅっ。。。(麻由子のスカートの中に手を入れるとビチョビチョのおまんこを触りだす)  (23:21:14)