仕事のストレスを性奴隷にぶちまけ様々な調教が百合の身体に刻み込まれる

冬本 百合  >  (必死に嫌がる)  (3:16:19)
慎一  >  涙もヨダレも垂れ流しとけよ…(バイブの電源を入れ百合の膣の中でウィンウィン動き出す  (3:17:10)
冬本 百合  >  んん! んー!!!!!!(大粒の涙を流しながらもがき苦しむ)  (3:18:00)
慎一  >  そんなに悶えると乳首が伸びるぞ…(蝋燭に火をつけ、ロウを溶かしはじめるよ  (3:19:37)
冬本 百合  >  っ・・・・んっっ!(蝋燭に気付き泣きながら嫌がる)  (3:20:46)
慎一  >  ゆっくりと百合の乳首にロウを垂らし出すよ  (3:21:09)
冬本 百合  >  んん! んぐぅ!(泣き叫びながら苦しむ)  (3:21:50)
慎一  >  そんなに泣いてるくせにお前のパンツにたっぷりマン汁垂れてんだよ…、この淫乱女め(蝋燭を振り、百合の全身に何度もロウを振りかける  (3:23:33)
冬本 百合  >  んんっ・・・・っ!んー!!(泣き叫びながら、泣きじゃくり、苦しむ)  (3:24:51)
慎一  >  両手の手錠をつかみ、座ってる俺の前にひざまずかせるよ  (3:26:10)
慎一  >  蝋燭辞めて欲しいか?  (3:26:28)
冬本 百合  >  ん・・・・(泣きじゃくりながら、頷く)  (3:27:01)
慎一  >  なら、舐めろよ…(パンツを脱ぎ、百合の顔の前に俺のチンチンがあるよ  (3:27:56)
冬本 百合  >  ・・・・(泣きながら、激しく震えながら、舐める)ペロペロ  (3:29:09)
慎一  >  ちゃんとしゃぶって俺をいかせられたら、蝋燭辞めてやるよ…(舐めてる百合の背中やおしりにろうを垂らす  (3:30:46)