昔、風俗店の寮だった名残で住人は女ばかりの安アパートに転がり込んできたデカチンポの彼

相澤 京香  >  お邪魔します?ちょっとね?愁くんとお話しするのに、少し酔ってないと緊張しちゃうから?(ソファに座る?)寮生活には慣れた?困ったら何でもたよってね?(隣に座る愁くんに?)…そういえばどうしたの??//……さっきから……そこ抑えて?//痛いの??  (23:24:38)
早乙女 愁  >  そ、そうですか??(貴女の吐息も仕草も彼にとっては最高のおかずで)はい?遠慮なく?あ、こ、これですかっ??(ばれたなら隠してもと思い手を離すとスウェットのズボンをパンパンに膨れ上がらせている特大オチンポ)  (23:27:11)
相澤 京香  >  はぁはぁ……ちょっと?どうしたの??さっき隠した本でエッチな事してたの??//(気になって愁くんのあそこを見ると今まで見た事ないくらい膨れあがっておりおどろきながら、ついつい手を伸ばしスウェットの上から細長い指で触りだす?)スリスリ……大きい?!……えっ……愁くんってこんなに大きいの??!すごい?はじめてさわった?(優しくオチンポを撫で回す?)  (23:30:11)
早乙女 愁  >  や、その、当たらずも遠からずなんですけど?(言えないあなたをおかずに毎晩エロ本にぶっかけてるなんてと思いながら戸惑い)うっ?京香さんっ?(とやらしく撫で回されるとさっき途中だったこともありあまり我慢できそうになくて)ちょっ京香さんっ?  (23:33:17)
相澤 京香  >  当たってないの??(笑)……はぁはぁ…オチンポどうしたのよ?ほら、見せなさいよ?//(強引にズボンとパンツを下ろす。手を振りほどくと愁くんの生オチンポが?)……すごぃ?大きい?……しかも反ってる?イヤラシイオチンポ?(目をトロンとさせ愁くんに微笑みながら手で優しくにぎる?)ギュ……スリスリ……さわさわ?……オチンポ大変なことになってるわよ?//  (23:36:10)
早乙女 愁  >  いゆっだからっ?ビュルルッビュルルッビュルルッ(もう我慢の限界。貴女にひん剥かれてちんぽが飛び出し生で触られると先端から真っ白な濃厚ザーメンが飛び出して行きあなたの手やこぼれそうなおっぱい、顔にまで届いてやらしくて濃い匂いが鼻をくすぐる)  (23:38:31)
相澤 京香  >  …ぁん?……でてきた?我慢してたのね?//ごめんね?(胸や手につく。顔までかかり愁くんの若くてエッチな匂いが?)はぁはぁ…すごいエッチな匂いする?愁くんの?……綺麗にしてあげるからね?はぁはぁ…(顔を近づけ口を開けるとオチンポを頬張る?)あむっ……んっ…ちゅぱ?(口内に入れると舌をウネウネと絡ませ味わうように)ジュル…チュパチュパ?んっ…おいしぃ?レロレロ…チュパ?  (23:42:05)
早乙女 愁  >  うぅっ?京香さんにしゃぶられてって?ビュルルッビュルルッ(貴女に飲んで欲しいと言わんばかりに中で出して絡みつくくらい濃厚で頭を掴むと腰がガクガクと震えだして)  (23:45:04)
相澤 京香  >  んっ…ゴク……んっ…?(飲みこむとオチンポを喉奥まで咥え優しく舐める?)んんっ…ジュパ…レロレロ?んっ…チュパ…?(久しぶりのオチンポ?しかも大好きな愁くんのオチンポに夢中に舐め回す?)んんっ……レロレロ?  (23:47:08)
早乙女 愁  >  京香さんっ?俺またっ?(とちんぽが萎えることなくまた膨れ上がってきて貴女の大きなおっぱいに手を伸ばすと乳首を見つけて意地悪にこねくり回す)  (23:48:47)
相澤 京香  >  すごい?また大きくなってる?(耳に髪をかけ舌で亀頭を舐め回す?唾液を絡め吸いながら?)チュパ……ジュプジュプ……?//……んっ…あっ…ぁあん?ダメ……はぁはぁ…愁くんに触られたら…?……ぁあ…おかしくなる?…ぁあん?…んっ…チュパ…れろれろ?  (23:50:43)
早乙女 愁  >  京香さん?夢にまで見た京香さんのビッチおっぱいをやらしくいじりながら固いままのデカちんぽ)  (23:53:34)
相澤 京香  >  あっ…ぁあ……ぁん…きもちぃ….?はぁはぁ…ダメ…声でちゃう?…ぁん…大きいおっぱい好き??  (23:54:46)