スマートなスーツ姿の貴方にお仕置きされるのを毎日楽しみにしている。巨根で、今日も何度も何度も気が狂う程突かれたい

美香  >  はぁはぁ…(息をしながら精子のついたおちんちんをくわえる舐め始める)と  (2:28:11)
りく  >  はぁはぁ、もう終わりでいいか?(頭を掴み奥まで突っ込みながら)  (2:30:06)
美香  >  んぐっ!んんっ!(奥までくわえながら首を横にふる)  (2:31:05)
りく  >  じゃあどうしてほしいか言ってみろ(美香の足を広げ辱めながら)  (2:32:57)
美香  >  ハァハァ…もう一回ご主人様のおちんちんを私のおまんこにいれて欲しいんです…  (2:34:13)
りく  >  じゃあ上に乗っていやらしく腰を振ってみろ。また中に精子ぶちまけてやる。  (2:35:34)
美香  >  は、はい、かしこまりました、ご主人様…(立ち上がるとご主人様の上にまたがる)  (2:37:26)
りく  >  んっ。。。もっと腰を振れ(下から巨乳を鷲掴みしながら)  (2:38:43)
美香  >  M字に足を開くといやらしく腰をくねらせる。)あつ…あんっ…はうっ…  (2:40:38)
りく  >  んっんっ、乳首舐めながらもっと腰をまわせ。。ほら、今度はどこにほしい?  (2:42:52)
美香  >  あふぅっ!(自分で乳首を舐めながらいやらしく腰を振る)もう一回…おまんこの中に…いっぱい欲しいです…ご主人様…♪  (2:44:35)
りく  >  じゃあいくぞ、うっ!(美香の中に熱いものが流れ込む)あああ、はぁはぁ、美香。。。(おっぱいをもみくちゃにしながら)  (2:46:45)
美香  >  あああぁんっ!気持ちいい…ご主人様の精子気持ちいいです♪  (2:49:59)