牡に征服されたい被虐心を満たして、獣のような激しい種付けセックスと、太くて長い巨根を求めるビッチな淫乱娘

佳奈  >  (とある年の暮れの夜、おぼつかない足取りの女と、それを支えながらに介抱している男の姿が見えて。その女は大学生の佳奈であり、今日も何人かで集まった年の瀬の飲み会と言うなの合コンで、酒を飲みすぎたためか足取りがおぼつかず、その場にいて変える方向がタマタマ一緒だった男とこうやって帰っている様子で。本当は駅の改札までという話だったのだが家まで帰れそうにもなく、こうして家の近くまで開放してもらいつつ、一人暮らしのマンションの前までくれば)ごめんねぇ…よかったら少しお礼もしたいし、ちょっとだけ上がっていかにゃい?…(ろれつもしっかり回っていない様子であり、そんな無防備な姿を晒しつつもここまでついてきてもらった男に良ければ部屋まで来てほしいとそうつぶやいていって。)  (1:17:22)
佐藤俊介  >  (今年最後の合コン、友人に誘われるまま人数合わせで参加してみただけだったのだが、結局今はこうして合コンで知り合った女性と一緒に歩いている。大分酔っ払ってしまっているようで、どうせ帰り道も同じ方向なので介抱しながら送っていくことにした。見た目もスタイルも良いので、別にめんどくさいということも無くむしろ率先してという感じで、結局彼女の家まで来てしまった。)うーん、まあちょっと冷えるし…じゃあ少しだけお邪魔しようかな?すぐに帰るからさ…(ろれつの回らない彼女に返事をすると、特に普通の流れで家にお邪魔することにした。脚のふらつく彼女をなんとか部屋まで運び、一緒に部屋に入っていく。)  (1:24:47)
佳奈  >  ふふっ、せっかくだからすぐなんて言わずにゆっくりしていってもいいんだけど?…(酔いつつもしっかりと聞いていた様子であり、そのままマンションへとたいっては一緒に部屋まで入って。その部屋はキッチンや洗面所などがある廊下とは扉で区切られた、広めのワンルームで、きっちりと片付けられた女の子の部屋であり、とりあえずベッドの方へと男に座ってもらいつつも)じゃあ、お礼もあるし、ちょっとだけお着替えしてくるから待っててね?…(着ていたコートだけを脱いではドアをくぐり、男には見えないところで残りの衣服を脱いでいる様子であり、そして冷蔵庫の開く音が聞こえてくれば)おまたせー、お礼の手始めに、コレ飲んでいいよ?…(その格好は合コンのときの清楚なイメージからは考えられない、淫靡な格好であり、なんと服を脱いで下着姿で。当然豊満な体つきとかも含めてその可愛い下着姿も見えており、しかも持ってきたものはビールで。男を煽っては欲情させるかのような格好している女はベッドに座らせた男の前にあるテーブルの前、つまりは男の足元に座っていって。)  (1:36:43)
佐藤俊介  >  (部屋は佳奈の容姿のイメージ通り、綺麗に整理された部屋だった。とりあえずとベッドに座らせられると、着替えにいく佳奈を見送る。服を脱いでいる音を気にしつつも、部屋を見回して佳奈の部屋を物珍しそうに眺めていると、何やら片手に持って佳奈が戻ってきた。)うわ、ちょっと何でそんな恰好…!(戻ってきた佳奈は下着だけを身に纏った姿で現れ、一瞬バッチリ見てから視線を逸らす。衣服の上からでは分からなかったが、そのスタイルの良さに男としては興奮せずにはいられなかった。股間に熱を多少帯びながら佳奈のほうを見ないようにビールを受け取ると、なんと自分の足元に座り始めた。当然佳奈を見下ろすような位置にいるので、深い谷間も腰も脚も全部見えてしまう。)酔ったから暑いんだよな?わかるよ、うん…(なるべく佳奈の身体を見ないように…それでも本能には抗えずにやはりチラチラと身体を見てしまいながら、その身体に股間を膨らませていってしまう。)  (1:47:00)
佳奈  >  (その淡いピンクの下着は、明らかに常用するものではなく今日のために身に着けていたのか。そしてそのくびれた腰つき、溢れんばかりの胸、打ち付け甲斐のある尻肉と全て惜しげもなく見せつけていて。そして足元に座れば特に胸の谷間がよく見えて。そして脱いだのは熱いからと言われれば)ふふっ、それもあるけど…寝るときは何も身に着けないタイプなんだよねぇ…(そう言いつつ胸のブラのホックに手をかけていき、ゆっくりと外していけば豊満で白い肌の胸が溢れ出てきて。そしてその男の膨らみかけている股間を見つめては)あれー、ここ大きくなっちゃってるけど?…(その表情は清楚さなどまったくない、ここで睡眠する、ということ以外を期待している雌の表情であり、その男の脚の間に割って入ろうとしており、そうなれば股間の目の前に佳奈の顔が来ることになるだろう。)  (1:57:23)
佐藤俊介  >  (佳奈の身体もそうであるが、どこか誘うような妖艶な笑みに無意識に興奮してしまい、段々とジーパンの股間部分のテントが膨らんでいく。)そっか、何も着けないのか…(佳奈の言葉を適当に返しながら視線を彼女に向ければ、胸を隠していたブラが外されて乳房が露わになる。白く豊満な乳房もその先端にあるピンク色の突起も見えてしまい…しゃぶりつきたくなるようなその乳房に思わず唾を飲み込む。その胸を見つめていると、佳奈が自分の脚の間に身体を入れていく。いきなりのことに無抵抗で佳奈を脚の間に迎え入れると、佳奈の乳房によってすっかり大きく膨らんだ股間が彼女の目の前に。)これは…そんな恰好見せられたら、こうなるだろ…(股間を見つめている佳奈の表情、視線が、明らかにこの肉棒を欲しているようで…少し腰を前にずらして、更に股間を佳奈の顔へ近づけてみる。それは、自慢の巨根をもっとよく見ろと言っているようなもので…。))  (2:07:19)
佳奈  >  (その顕になった白い肌と胸は、男にはおそらく十分な刺激となるだろう。胸の突起も少しふくらんでいるようにも見える。そして足の間に割って入れば、そのジーパンの上からでもわかるほどにふくらんでいる股間のそばへと顔を近づけつつ)へぇ、私の寝るときの格好見ちゃうとこうなるんだ…まあ、お礼はお酒だけじゃないし。(その股間は今まで見たものよりも明らかに大きく、佳奈は徐々に欲情、特に下半身の熱はすごく溜まってきていて。その先端にゆっくりと口づけをしようとすれば異常なまでにいやらしい表情でズボンの上から舌を絡ませようとしていきつつ)…で、お礼っていうのはね…こんなになっちゃってるここ、私の身体で気持ちよくなってくれたらなって思ってるんだけど、どうかな?…(そういえばゆっくりと立ち上がろうとしていっては、目の前で最後の一枚、ショーツに指をかけておろしていけばそこには濃い密林とともに甘い液体をこぼしている秘所が顕になり始め、佳奈が何を望んでここへ男を連れてきたのがわかってしまう瞬間だろう。)  (2:18:53)
佐藤俊介  >  (ジーパンの上から股間に口を寄せている様子は、こちらをその気にさせるのには十分だった。そんな佳奈の行動に応えるように、更にジーパンの中で股間はムクムクと勃起していく。その股間から顔を離した佳奈が立ち上がりショーツを下ろしていくと、ちょうど視線の前には佳奈の秘部と下着の間に糸が引いているのが見えてしまう。ついさっきまでの清楚系のイメージとのギャップに興奮しながら、足元に落ちたショーツを片足ずつ抜き、自分の目の前で全裸になった佳奈を下から見上げて…)ここまでされたらな…いいんだね?俺もう限界で…(そう言うと、自分の身体と入れ替えるように佳奈の身体をベッドに仰向けに寝かせ、その上から覆い被さる。眼下には絶品の女体。どこから食べようか…と佳奈の身体を舐め回すように見つめた後、舌舐めずりをしてから両手で乳房を掴み、顔もそこへ寄せてしゃぶりつき始める。搾る様に握った乳房の先端、尖った乳首を口に含んで、口の吸引力で激しく吸い付く。片方の胸をしばらくしゃぶってから、今度は反対の胸も…。がっつくような吸い付きに、乳房が段々と唾液で濡れていく。)  (2:33:06)
佐藤俊介  >  はぁっ、はぁっ!良いオッパイしてるね…!んぶっ!(吸い付きながらも、ジーパンの股間の膨らみはしっかりと佳奈の秘部へと押し付けている。)  (2:33:09)
佳奈  >  (とある年の暮れの夜、おぼつかない足取りの女と、それを支えながらに介抱している男の姿が見えて。その女は大学生の佳奈であり、今日も何人かで集まった年の瀬の飲み会と言うなの合コンで、酒を飲みすぎたためか足取りがおぼつかず、その場にいて変える方向がタマタマ一緒だった男とこうやって帰っている様子で。本当は駅の改札までという話だったのだが家まで帰れそうにもなく、こうして家の近くまで開放してもらいつつ、一人暮らしのマンションの前までくれば)ごめんねぇ…よかったら少しお礼もしたいし、ちょっとだけ上がっていかにゃい?…(ろれつもしっかり回っていない様子であり、そんな無防備な姿を晒しつつもここまでついてきてもらった男に良ければ部屋まで来てほしいとそうつぶやいていって。)  (1:17:22)
佐藤俊介  >  (今年最後の合コン、友人に誘われるまま人数合わせで参加してみただけだったのだが、結局今はこうして合コンで知り合った女性と一緒に歩いている。大分酔っ払ってしまっているようで、どうせ帰り道も同じ方向なので介抱しながら送っていくことにした。見た目もスタイルも良いので、別にめんどくさいということも無くむしろ率先してという感じで、結局彼女の家まで来てしまった。)うーん、まあちょっと冷えるし…じゃあ少しだけお邪魔しようかな?すぐに帰るからさ…(ろれつの回らない彼女に返事をすると、特に普通の流れで家にお邪魔することにした。脚のふらつく彼女をなんとか部屋まで運び、一緒に部屋に入っていく。)  (1:24:47)
佳奈  >  ふふっ、せっかくだからすぐなんて言わずにゆっくりしていってもいいんだけど?…(酔いつつもしっかりと聞いていた様子であり、そのままマンションへとたいっては一緒に部屋まで入って。その部屋はキッチンや洗面所などがある廊下とは扉で区切られた、広めのワンルームで、きっちりと片付けられた女の子の部屋であり、とりあえずベッドの方へと男に座ってもらいつつも)じゃあ、お礼もあるし、ちょっとだけお着替えしてくるから待っててね?…(着ていたコートだけを脱いではドアをくぐり、男には見えないところで残りの衣服を脱いでいる様子であり、そして冷蔵庫の開く音が聞こえてくれば)おまたせー、お礼の手始めに、コレ飲んでいいよ?…(その格好は合コンのときの清楚なイメージからは考えられない、淫靡な格好であり、なんと服を脱いで下着姿で。当然豊満な体つきとかも含めてその可愛い下着姿も見えており、しかも持ってきたものはビールで。男を煽っては欲情させるかのような格好している女はベッドに座らせた男の前にあるテーブルの前、つまりは男の足元に座っていって。)  (1:36:43)
佐藤俊介  >  (部屋は佳奈の容姿のイメージ通り、綺麗に整理された部屋だった。とりあえずとベッドに座らせられると、着替えにいく佳奈を見送る。服を脱いでいる音を気にしつつも、部屋を見回して佳奈の部屋を物珍しそうに眺めていると、何やら片手に持って佳奈が戻ってきた。)うわ、ちょっと何でそんな恰好…!(戻ってきた佳奈は下着だけを身に纏った姿で現れ、一瞬バッチリ見てから視線を逸らす。衣服の上からでは分からなかったが、そのスタイルの良さに男としては興奮せずにはいられなかった。股間に熱を多少帯びながら佳奈のほうを見ないようにビールを受け取ると、なんと自分の足元に座り始めた。当然佳奈を見下ろすような位置にいるので、深い谷間も腰も脚も全部見えてしまう。)酔ったから暑いんだよな?わかるよ、うん…(なるべく佳奈の身体を見ないように…それでも本能には抗えずにやはりチラチラと身体を見てしまいながら、その身体に股間を膨らませていってしまう。)  (1:47:00)
佳奈  >  (その淡いピンクの下着は、明らかに常用するものではなく今日のために身に着けていたのか。そしてそのくびれた腰つき、溢れんばかりの胸、打ち付け甲斐のある尻肉と全て惜しげもなく見せつけていて。そして足元に座れば特に胸の谷間がよく見えて。そして脱いだのは熱いからと言われれば)ふふっ、それもあるけど…寝るときは何も身に着けないタイプなんだよねぇ…(そう言いつつ胸のブラのホックに手をかけていき、ゆっくりと外していけば豊満で白い肌の胸が溢れ出てきて。そしてその男の膨らみかけている股間を見つめては)あれー、ここ大きくなっちゃってるけど?…(その表情は清楚さなどまったくない、ここで睡眠する、ということ以外を期待している雌の表情であり、その男の脚の間に割って入ろうとしており、そうなれば股間の目の前に佳奈の顔が来ることになるだろう。)  (1:57:23)
佐藤俊介  >  (佳奈の身体もそうであるが、どこか誘うような妖艶な笑みに無意識に興奮してしまい、段々とジーパンの股間部分のテントが膨らんでいく。)そっか、何も着けないのか…(佳奈の言葉を適当に返しながら視線を彼女に向ければ、胸を隠していたブラが外されて乳房が露わになる。白く豊満な乳房もその先端にあるピンク色の突起も見えてしまい…しゃぶりつきたくなるようなその乳房に思わず唾を飲み込む。その胸を見つめていると、佳奈が自分の脚の間に身体を入れていく。いきなりのことに無抵抗で佳奈を脚の間に迎え入れると、佳奈の乳房によってすっかり大きく膨らんだ股間が彼女の目の前に。)これは…そんな恰好見せられたら、こうなるだろ…(股間を見つめている佳奈の表情、視線が、明らかにこの肉棒を欲しているようで…少し腰を前にずらして、更に股間を佳奈の顔へ近づけてみる。それは、自慢の巨根をもっとよく見ろと言っているようなもので…。))  (2:07:19)
佳奈  >  (その顕になった白い肌と胸は、男にはおそらく十分な刺激となるだろう。胸の突起も少しふくらんでいるようにも見える。そして足の間に割って入れば、そのジーパンの上からでもわかるほどにふくらんでいる股間のそばへと顔を近づけつつ)へぇ、私の寝るときの格好見ちゃうとこうなるんだ…まあ、お礼はお酒だけじゃないし。(その股間は今まで見たものよりも明らかに大きく、佳奈は徐々に欲情、特に下半身の熱はすごく溜まってきていて。その先端にゆっくりと口づけをしようとすれば異常なまでにいやらしい表情でズボンの上から舌を絡ませようとしていきつつ)…で、お礼っていうのはね…こんなになっちゃってるここ、私の身体で気持ちよくなってくれたらなって思ってるんだけど、どうかな?…(そういえばゆっくりと立ち上がろうとしていっては、目の前で最後の一枚、ショーツに指をかけておろしていけばそこには濃い密林とともに甘い液体をこぼしている秘所が顕になり始め、佳奈が何を望んでここへ男を連れてきたのがわかってしまう瞬間だろう。)  (2:18:53)
佐藤俊介  >  (ジーパンの上から股間に口を寄せている様子は、こちらをその気にさせるのには十分だった。そんな佳奈の行動に応えるように、更にジーパンの中で股間はムクムクと勃起していく。その股間から顔を離した佳奈が立ち上がりショーツを下ろしていくと、ちょうど視線の前には佳奈の秘部と下着の間に糸が引いているのが見えてしまう。ついさっきまでの清楚系のイメージとのギャップに興奮しながら、足元に落ちたショーツを片足ずつ抜き、自分の目の前で全裸になった佳奈を下から見上げて…)ここまでされたらな…いいんだね?俺もう限界で…(そう言うと、自分の身体と入れ替えるように佳奈の身体をベッドに仰向けに寝かせ、その上から覆い被さる。眼下には絶品の女体。どこから食べようか…と佳奈の身体を舐め回すように見つめた後、舌舐めずりをしてから両手で乳房を掴み、顔もそこへ寄せてしゃぶりつき始める。搾る様に握った乳房の先端、尖った乳首を口に含んで、口の吸引力で激しく吸い付く。片方の胸をしばらくしゃぶってから、今度は反対の胸も…。がっつくような吸い付きに、乳房が段々と唾液で濡れていく。)  (2:33:06)
佐藤俊介  >  はぁっ、はぁっ!良いオッパイしてるね…!んぶっ!(吸い付きながらも、ジーパンの股間の膨らみはしっかりと佳奈の秘部へと押し付けている。)  (2:33:09)