肉便器として使われる日々をおくる熟女のあなた…今日も近所の大学生が家を訪れて汁だく、汗だくになりながらの変態交尾

彩子  >  ああああ、、あ、、ありがとう、、ございます、、、うれしい、、うれしいです、、、  (4:07:57)
彩子  >  (身体ぼ奥深くに、、あなたの温かいものが、、、私の奥深くまで支配されていく、、、)  (4:09:18)
駿  >  ほら、お掃除だよ…(汁でベトベトのチンポを彩子の口にやる)  (4:11:00)
彩子  >  (こうして大学生のあなたに支配され、使われることだけが私の価値、、、これが私の全て、、、)  (4:11:18)
彩子  >  はむぅう、、、んっんっ、、、(あなたのものに舌を這わせ、、咥え、、、)  (4:12:20)
彩子  >  (どんどんあなたに服従していく、、、もう何をされても、、何を求められてもそれが悦び、、、)  (4:13:32)
駿  >  チンポしゃぶりながら自分でマンコを弄ってごらん(いやらしい目付きで見つめる)  (4:14:22)
彩子  >  はい、、(自らおまんこ手にを、、、)  (4:15:29)
彩子  >  (あなたを見上げながら、、あなたの支配を感じながら、、、)  (4:16:44)
駿  >  ほら、玉もしっかり舐めて…(彩子の頭を優しく撫でながら、チンポを舐めさせる)  (4:17:47)
彩子  >  はい駿様、、、(手をそえながら、、、下から  (4:18:56)
彩子  >  (口に含んだり、、、舌を這わせたり、、、)  (4:19:51)
彩子  >  (心の底から、、、)………あああ駿さま、、ご主人様、、、おいしい、、、ああああ幸せです、、、、  (4:20:47)
駿  >  こっちもね…(自分の尻の穴を彩子の口にすり付ける)  (4:20:58)
彩子  >  むぅう、、んっんっんっんんぅぅううっっ  (4:21:26)