たわわな胸、キュッとくびれた腰、大っきなお尻…こんなやらしい身体の人妻を油断させた隙に強制挿入

たかひろ  >  はぁはぁ…おばさん、僕もう我慢できないよぉ!(尻を突き出しておねだりするような格好で皿を洗う理沙に襲いかかる。スカートをめくりショーツを横にずらして秘部が露わになると、立ちバックで腰のくびれをがっちり押さえながら腰を突き出し、ワレメの奥に巨根を突き刺さしていく。子供なのにペニスの発達だけ早くて信じられないほど逞しい肉棒が肉の壁を押し割りながら奥へ進み子宮の入り口まで届いてしまい擦りながら奥を突く。)  (22:13:35)
観月理沙  >  え?何…っっ!?たかっ、ひ、ぁあああ!!!(イキナリ大声を上げ背後から抱きついてきたと思っていたら、自分のアソコに無理矢理侵入してくるモノが!あっという間の出来事で頭が追い付かず、されるがままの理沙)  (22:18:04)
たかひろ  >  (膣が裂けてしまいそうな太さの巨根が生のままで、ゆっくりヌプヌプと膣穴に飲み込まれている。腰を突き出し巨根を奥底まで突き刺さしてチンポは子宮口をゴリゴリと突きまくっている。背後から交尾しているので男児からは肉棒が飲み込まれる場面や結合部やヌキサシの様子がはっきり見えている)なんか奥で当たってるよ!僕の先っぽをおばさんの奥に当ててるとすごい気持ちいいよ!んでね、僕のオチンチンがおばさんの中に飲み込まれてるのが見えちゃうの。  (22:22:27)
観月理沙  >  そんな、イヤ!た、たかひろ君抜いてぇ…!(犯されてしまっている事に気付くも容赦無いたかひろの挿入運動…理沙はうまく抵抗も出来ずされるがままの状態で)【出来たらもう少し短文でお願いします】  (22:26:03)
たかひろ  >  はぁはぁ、気持ち良い~腰止まらないよぉ!(少し入れただけでおかしくなってしまいそうな規格外ちんぽが人妻のオマンコの奥まで入ると、腰を動かしてヌキサシが始まる)おばさん!こうして出し入れするとなんかオチンチンが気持ちいいよ!すっげ!なんか締めつけられてるっ!  (22:27:34)