ご主人様に求められる悦びに身体を疼かせ貫かれて淫らに悶えるメイド

ゆう  >  ンッ‥(ご主人さまに言われた通りに‥)こぉ?(少し恥ずかしいそぉに)おかえりなさいませ、ご主人さまぁ‥  (16:39:21)
ご主人さま  >  ぁぁっ、、おまえは、んっとに、、(腰のくびれをしっかり固定)ゆう?ハメ顔、見てるぞ、いくぞー、、ズウプぅぅぅぅズポポポポぽぽぉぉぉズッゴぉぉぉグググぅぅぅぅ、、、ぁぁぁ、、ィィ、、  (16:40:52)
ゆう  >  あぁん(ご主人さまに‥はめられ‥)アッ‥アッ‥だめぇ~(顔を見られるのが恥ずかしく‥それでも感じてしまぃ)んんっ~アッ‥ご主人さまのが‥ゆうの‥に‥  (16:42:30)
ご主人さま  >  (しっかり抱きしめ、、がっつり開かされるゆう、、)つぅぅ、、ぉまえは、、ハメ声も、ハメ顔も、ハメ心地も、、んっっとに、、、理想の子だよ(言葉浴びせながら、ゆうの中をぎっちりと、、  (16:43:58)
ゆう  >  んんっ‥あぁ‥んっ(がっつり開かされ‥ご主人さまのをくわえこみ‥)あぁん‥ご主人さまぁ‥おいしいの‥ハァハァ  (16:45:21)
ご主人さま  >  んんん、、、ゆう、、、ダメだ、、ゆうまんこが、ヨすぎでもう絶対手放せないぞ、、ゆう、、ほら、早いのいくぞお?ゆっさゆっさだぞ、、、ぁぁぁ、、、  (16:46:46)
ご主人さま  >  ゆううゆうゆう?ぃくぞお?お前で抜くのが最高なんだ、、ゆう?チンポぃくぞお?  (16:47:24)
ゆう  >  あぁん(ゆさゆさされ‥ハァハァ感じ‥)ンッ‥んんっ‥あぁん  (16:47:45)
ゆう  >  はぁん‥ご主人さまぁ‥欲しいの‥ンンッ‥ゆぅ‥まんこで‥抜いてくださぃ‥ンンッ‥アッ‥アッ  (16:48:47)
ご主人さま  >  ッッっっ!!!!!ゆうまんこ最高だぞ、、ィ!!!!!!!!!!!!(ビッッツシューーーーーーーーーーーーーーーっっっ!!)っく!!!!!!ぐぐぐ  (16:49:12)
ご主人さま  >  ッッッグ、、、うううう(ピッシュ!ピッシュ!ピュゥン!ぴゅぴゅぴゅぴゅっっっっ  (16:49:56)
ゆう  >  んんんっ‥はぁん(ご主人さまのを出され)あぁん‥ハァハァ(くたぁ~)  (16:50:00)
ご主人さま  >  ぁぁぁぁ、、お前は、、んっっとに、どしよもない子(最高褒め言葉)はぁはぁはぁはぁ  (16:50:14)
ゆう  >  ンッ‥~ハァハァ、ハァハァ、ごめんなさい‥ご主人さまぁ  (16:50:53)