彼と旨くいっていなく寂しい毎日を送っている貴女は、友人に聞いた出会い系のサイトに登録を・

山口絢  >  んんっ  んん   ああっ  ここで入れるの? んんっ (既にかなり濡れている)  (1:18:55)
山本修吾  >  もしかして入れて欲しいのかな?・・・(修吾の股間は、絢の手の刺激で大きさを増し、絢の経験が無い大きさになっていく)  (1:21:02)
山口絢  >  んんっ (すごい大きい…こんなの入るの?)  (1:22:34)
山本修吾  >  (ショーツの脇から指が中に・・・湿った茂みの中、割れ目を優しく触りながら)・・・この先にラブホテル有るけど、どうしようか?  (1:24:37)
山口絢  >  はあっ  ああっ  んんっ  気持ちいい… (割れ目からクチュクチュといやらしい音が鳴る。)ラブホ…んんっ  (1:25:40)
山本修吾  >  ホテルまで、我慢出来るかな?・・・(指先が割れ目の中にゆっくり沈んでいく)・・・ホテルまで、私のを舐めて綺麗にしていてくれるかな?  (1:27:51)
山口絢  >  はあっ  んっ  んんっ (割れ目をいじられながら…肉棒をなめていく)  (1:28:23)
山本修吾  >  (大きくなったペニスはそそり立ち、大きくカリが開いている)・・・ホテル行くから、その間舐めていて!・・・(割れ目から指を抜き、車を発進させる)  (1:30:25)
山口絢  >  (肉棒をなめていく。亀頭をなめてから…頬張って上下させていく)  (1:31:10)
山本修吾  >  (先からは我慢汁が出ていく)・・・そんなにムシャブリつくなんて、どれくらいHご無沙汰なのかな?・・(走って行く先にホテル街が見えてくる)  (1:33:10)
山口絢  >  (激しくなめていく。)ちゅぱっ ちゅぱっ  んんっ (こんな大きくてたくましいのは初めて)  (1:33:49)
山本修吾  >  (ホテルの駐車場に車を止める)・・・絢、部屋行くまで我慢して・・(大きくなった物をズボンの中に・・・車を降りて、助手席に回って)・・行こうか?  (1:35:18)
山口絢  >  んんっ  ここで抱きしめてほしいです…  んん  (1:35:55)
山本修吾  >  (車の脇で、絢を抱きしめ・・)部屋に入って、たっぷり楽しもう!・・・(絢の腰に手を回し、部屋に向かっていく)  (1:37:47)
山口絢  >  んんっ (抱きしめられて…ドキドキ)  (1:38:39)